So-net無料ブログ作成

子育て中の親子は、絆を見直せないくらい忙しそうだから。 [涙活]

chirashiabiko.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。先日のTBSスーパーサッカーでキングカズこと三浦知良選手のインタビューが放映されていました。インタビュアーはミスターレッズこと福田正博さんです。キングとミスター、黄金時代のJリーグの話題をさらった得点王ライバルだった二人、豪華な時間です。以外にも当時はお互い意識をしてあまり話をしなかったそうです、仲が悪かったわけではないとのお断りもサラリと。今も現役を続けるカズさんは今年52歳の最年長Jリーガーです、その現役を続ける秘訣について福田さんが迫りました。

番組ではカズさんのグアムキャンプの様子も紹介され、そのハードさに参加した福田さんも辟易…。TVの向こうで見ているだけの自分も、本当に凄いなとずっと尊敬しっぱなしでした。そして、カズさんのインタビューのそこここに見えるその魅力。「監督をやるつもりはない」「サッカーを辞めようと思ったことは一度もない」「昔からずっと変わってない」「ただサッカーがやりたい」「スタメンから外れると、俺を使えと監督に対してムカつきを覚える」「試合が終わったら、練習して汗を流せばわだかまりなどすぐに忘れる」「若い人から教えてもらいたい」「ただうまくなりたい、ゴールを決めたい」。

いくつか記憶違いもあるかもしれませんが、およそこんなことを語っていました。好きなことに一生懸命に取り組む、そしてそんな環境がある、これを幸せ、贅沢と感じなくて何が人生なのだろうと、カズさんにそう言われている気がしました。人生100年時代と言われていますが、日本は少子高齢化でますます生産性が問われていきます。現在日本のGDPは世界3位でありながら、生産性は28位だそうです…。今のこの地位は今はまだ多い人口に支えられている「結果」であるとも解かれていました。人口が減り続ける国にいる僕らが、自分たちの生活をより豊かにしていくために、そのヒントはカズさんの中にある気がします。

3月2日(土)13時から第二回の親子デトックス涙活を開催します。今回の会場は、我孫子市民にはお馴染みアビスタホール。手賀沼のほとりにある公民館です。後ろに控える手賀沼公園では、ミニSLが走ったり、砂場や小さなアスレチックもあり、子どもたちの声が絶えることがありません。また園内は鳩や鴨、沼には鯉やガチョウなど鳥類や魚などの生き物も観察することができます。そんな子育て環境がたっぷりある我孫子で、たっぷり親子でデトックスいただこうという、今回の企画。ヨガインストラクターの宮澤先生とのコラボレーションでお届けします。

ぜひ、お誘い合わせの上、ご参加いただけると嬉しいです。子育てに一生懸命なお父さん、お母さんお待ちしています。

https://gmfevent02.peatix.com/
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

クレイジーは世の中の不条理を超えて行く。 [日常]

IMG_1746.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。R-1グランプリの審査に対してのある出場者のクレームツイートが話題を呼んでいますね。念のために説明するとR-1グランプリとはピン芸人No.1を決める大会です。その3回戦で出場者のキートンさんが「あれだけウケたのに落選するとは…」と思いの丈を綴っています。出来レースとまで言い切るそのツイートは、相当の悔しさが滲み出ています。僕はこのネタを見ていないので、とかく言うことはしませんが、立川志らくさんの「腐ったら負け」のツイートを見て、ううむと唸らされました。

このツイートで志らくさんは「世の中の不条理に立ち向かうことが自分を強くする」ということを説いています。本当にそうだよなァ、とつくづく。僕の経験上も、正しいことが全て必ず勝ってきたとは、今までを振り返っても思えません。でも、それらがあったからこそ今があり、こうしてまだ生きている(笑)んだなと思います。志らくさんのこのツイートに反応できたのは、別のTV番組でたまたま志らくさんが「談志師匠は太田光に談志を継いでもらいたいと言ってた」と語り「物凄く悔しかった、なんで継がせたいのが弟子じゃないんだ!?」とその胸の内を吐露していたからでした。

これまた、相当悔しいシチュエーションというのは楽に想像できましたが、談志師匠も弟子がそう思って切磋琢磨するのを見越してワザと言ったんじゃないかなと思ったりします。なんせあの談志師匠です、一筋縄で行くわけがない。詰まる所、どんな境遇にあっても情熱を絶やさず、前に前に歩を進めるしかない、帆を張るしかない。さて、そんな世の中に立ち向かいたい人にうってつけな本が、この加藤崇著の「クレイジーで行こう!」です。日経ビジネスオンラインで人気連載していた記事がまとまって本になりました!崇は本ブログでも紹介したいことがある高校の敬愛する同級生です。

単身アメリカに渡り、グーグルにロボット会社を売却し一躍時の人となった起業家である崇は、続いてAIを活用した水道管ビジネスで世界的な水道会社栗田工業に40億円で51%の株式売却を果たした凄腕ビジネスマン。彼の輝かしい功績だけ切り取れば、美学しか映らないかもしれませんが、それでは何の意味もない作られたインスタグラム。その成功の陰にある苦悩と努力、絶え間ない情熱。これを感じ取ることが彼のストーリーを自分の中に消化する大切な行程だと思います。幸運にも会って話す機会を得た人は、ぜひこの本に記されていない部分の戦いについても話を聞いて見ては?(答えてくれるかどうかはアナタ次第 !)

彼が声高々にうたう、クレイジーで行こう!そう、世の中腐っている暇はない、クレイジーという武器をぶっ放しに、今日も僕らは荒野を行くのだ。


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

大きなボディーの等身大の魅力とは。 [日常]

IMG_1744.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。俳優の新井浩文氏が、強制性交容疑で警視庁に逮捕されました。Twitter界隈もざわつき、ムロツヨシさんが「目を見て悪いことをしたと答えたら「思いっきり、叱ります嫌という程、叱ります、それだけです、まだ目を見てない、だから俺は普段通り、これから飲みいってくるよ、来れそうだったら連絡してな、いってくるね、」とツーイトしているのが取り上げられました。ムロさんらしい愛のあるツイートです。新井浩文氏は好きな俳優なので事実関係を見守ろうと思います。

新井さんを初めてTVで見たのは、強請りをする記者役でした。大分前に見たTVでしかも途中からそして最後まで見なかった作品なので、それがドラマなのか映画なのかも今となってはわからないのですが、それでも当時「うゎー、ごっつい存在感ある俳優だなぁあ」との印象を持ちました。誤解を恐れずに言えば正統派の2枚目俳優とは違う立ち位置でありながら、大人の色気とその目に宿る「狂気」がとても魅力的に映りました。そしてその姿は映画「宇宙兄弟」でもドラマ「真田丸」で益々輝いていました。そう、今はただ見守るしかできないです。

さて、新井さんは180cmを超える長身ですが、超人も長身が多いんです、ご存知ですか?いやですね、キン肉マンの話ですよ!お客さん!本ブログでも先日ご紹介しました、ただ今JR東日本で絶賛実施中のキン肉マンスタンプラリーキャンペーンの「柏駅」のスタンプ台の横に、こんなものがありましたよ、ウララー。もうね、悪魔超人のザ・マウンテンも仰天せんばりの威圧感!ビッグ・ザ・武道です。ブラウンに輝くダンボール製なのが泣ける…。とても愛のある逸品。そして、背丈メーターにはロビンとかウォーズマンとかネプチューンマンとかいろんな超人の背丈がメモられています。

ちなみにビッグ・ザ・武道の身長は、290cm。前述のザ・マウンテンは285cmだからさすがです。この武道もスタンプラリーの看板を隠すわ、ポスターも隠すわで大暴れ!もっとうまい掲出方法はなかったのだろうか…。それともグロロローっていきなり現れたから、周りをアレンジする暇もなかったのだろうか…。全てが謎なオブジェですが、インパクトは計り知れない。とても味のある「狂気」溢れる看板だなと思った次第です。さすが、東の渋谷、柏。名前に負けない知恵とパワーを見せつけてくれます。Go Fight!
nice!(0) 
共通テーマ:旅行