So-net無料ブログ作成

伝説の怪奇漫画家を学ぶ、夏の夜。 [涙活]

IMG_4999.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。ホラー漫画界の巨匠「日野日出志先生」のドキュメンタリー映画を拝見しました。監督は怪談蒐集家の寺井広樹さんです。寺井さんは色々な顔があるなと、ここまでくると薄ら寒い(笑)くらい感動します。今回の企画は寺井さんが日野先生の大ファンということで実現させたとのこと。行動力と実現力がハンパない。また、この映画の他にも銚子電鉄と開発した「まずい棒」の「まずえもん」というPRキャラクターを日野先生にオリジナルで描き起こしをお願いしているのでたまげます。初代まずえもんはもっと目が血走っていたとか(笑)銚子電鉄サイドで少しマイルドに!のオーダーがあったとのことで微笑ましいです。

IMG_5002.jpg

日野先生の漫画は正直読んだことがありませんでした。幼少期、僕はホラーが苦手でゲゲゲの鬼太郎が精一杯。鬼太郎はドンジャラを買うぐらい好きな世界観でした、ゲゲゲハウスとかね懐かしいです。現在、日野先生の本はプレミアが付いているものが多く簡単に手に入りませんでした。寺井さんに相談したところ「コンビニコミックシリーズで出ているよ」とナイスアドバイスをいただき購入。僕が読みたかった「蔵六の奇病」「赤い花」はここにしっかり収録されていたので「赤い蛇」のみ別冊で手に入れました。表紙の装丁からして、黒と赤ベースの禍々しさが際立った商品です。うーん、開けるのが怖い…と当時の僕なら思うレベルです。

読んで一言「緻密」です。描きこみが凄まじい。一読者としての感想で恐縮ですが、とにかく線が多いのでそれがコマの重さ・質量・禍々しさを醸し出しています。めちゃくちゃ残虐な描写なのに、首とか足首とかスパスパ飛んでいるのに、どこかコミカルに見えてくるのは、先生が天才バカボンの赤塚不二夫先生を敬愛していたからです。映画の中でもおっしゃっていましたが、とてつもないホラーはどこかギャグの要素があると。振り切ったホラー表現だからこその見え方。これは、人間が無意識に自己防衛本能として処理している結果なのかもしれません。直視しないようにするというか。神様が人間に与えた素晴らしい能力ですね、脳力か。

IMG_5904.jpg

映画を見て、漫画を読んで、思うのは、日野日出志先生、恐るべし。自分の血を絵の具にしてキャンバスに絵を描くなんてなんで考えつくのだよぅ、と一言添えて賞賛の言葉に変えさせていただきます。真夏の涼に、オススメです。


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

うららか亭の第4期開始しました。 [涙活]

IMG_5805.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。第4期うららか亭 春風亭正太郎クラスがスタートしました。新しい仲間も加わって総勢、11名の大所帯でのスタートです。いずれ劣らぬ曲者揃い…と言ったらみんなに怒られそうですがwとにかく個性豊かな面々が揃っております。まさに正太郎百貨店アネックスですよ。全6回の今期もフルスロットルで行きます。発表会は11月23日予定です。

さて、今回選択したネタは「堀の内」。粗忽者の八っつぁんが、そそっかしいのを治すために堀の内のお外様にお参りにいく珍道中のお話です。一人で喋りっぱなしでボケっぱなしのギャグの連続なのですが、果たしてお客様との距離を保ちながらどれだけ狂いきれるか。正太郎先生の指導を受けてしっかりとモノにしたいと思います。これがまた忙しい話なんですよ、ええ。

定期的に他の人に自分の話を見てもらう機会があるのはありがたいことです。これはビジネスマンの人にも役立つと思います。落語は、映像が無い中で言葉だけで情景を想像していただく芸ですからストーリーの組み立て順序、台詞のテンポ、間や表情を効果的に学ぶことができます。弊害といえば毎回話すときに意識せずとも「劇場型」になってしまうところですかね(笑)

いや、普段からそんだけできるぐらいになれば本物ですね。よーし、楽しむぞー!
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

泣く日の収録、涙の努力は雫になったのか。 [涙活]

IMG_5221.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。先日7月9日の「泣くの日」にかけてAbemaTVのニュースにて取り上げていただきました。この日はちょうど新宿でイベントがあったのですが、その出演後に生放送とのことでドタバタでの収録となりました。スタッフの皆様誠にありがとうございました。この日披露した泣語は2分10秒ほど…。普段が5分〜8分ほど話している自分にとっては未知の短さ(笑)そもそもこの時間内にシチュエーション含めて物語が完結するのかとても不安でした。生放送ともなれば、話が迷ったり余計なセリフを追加したりしたら、番組自体がおかしな方向にいってしまいます。プレッシャーもひとしおです。

僕はイベントで実施した話を「2分バージョン」に整えて直す方法を選びました。これが一番確実な方法でした。前段にシチュエーションを伝える地の文を話し、そこから会話文を始める流れ。集中して頭に入れて、なんとかとちらずにできたと思います。僕の話で泣く人はスタジオではいませんでしたが、ラストの台詞をケンコバさんに拾っていただき、うまく狙いを回収してもらえたと嬉しくなりました。流石、プロフェッショナルですね。テレビという尺が短い中で、いかにハイパフォーマンスを出せるか。これは瞬発力と、一気にトップギアに入れる加速力が試されるなと、痛感。今後、この部分の力を強化して行こうと思える現場となりました。

タイムシフトでご覧いただけます。7/9 22:35頃 1:29:50です。よろしくお願いいたします。
AbemaTVはこちら

nice!(1) 
共通テーマ:旅行

漫画の主人公に、芸事の姿勢を観る。 [涙活]

IMG_5364.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。尊敬している方や目標としている方が「いいよ!これ」と言っているものがあったらすぐに取り入れる癖をつけています。これはもう反射的に自分ルールとするのがよくて、そんなときAmazonはとても便利です。ほんと便利すぎて、ワンクリックで何でも買えるので、なんでこれ頼んだんだっけ?というのが多々あります(笑)こちらの「寄席芸人伝」はきちんと意思買いしたものですからね、念の為。タイトルからしてサブイボですよ、「伝」ってことは実在していた名人の逸話が入っているということですからね、リアリティありまくり!と思ったらフィクション伝記だそうで…あら…。

しかし!読んでみて、ムムム。芸事に向かう姿勢と、芸で身を立てることの真摯さ、覚悟の深度を垣間見た気がしました。のっけから飼い猫を殺してまで、殺しのシーンのリアリティを追求する左楽師が登場、その後も女好き、坊ちゃん、曲芸師とさまざまな面々。彼らが活き活きと芸をする世界は、誤解を怒れずに言えばどこか、俗っぽいのだけれど、高尚な所作に護られている感じがしてやまないです。一度覗いたら、簡単に後戻りしてはいけない、そんな背水感が漂ってきます。演られる隠居さん、熊さん、八っつあんたちが色濃いならば、その語り部の色はさらに濃いにに決まっていますな。改めて、噺家さんへの敬意を持った書物となりました。

次は2巻を読みます。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

ぼくらの未来の、主人公は「主」から始まるかもしれない。 [涙活]

IMG_5223 2.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。7/9の泣くの日にイベントに登壇させていただきました。お二人の監督の前で恐縮な涙のバズーカをさせていただきました。両監督はその業界ではカリスマなお二人。それだけに、ネタを吟味して臨みました。胸を借りるつもりで、やりますとお伝えした時に、いやそんな、ありがとうございますとおっしゃってくださったら、もう涙出てますよ、僕が。

IMG_5231 2.jpg

職業に貴賎は無いし、僕らは選ぶ自由があるし、それこそ世の中のためにハッピーになるために日々考えればよくて、己のクリエイティビティを発揮すれば、もっともっとぼくらの世界はよくなる。SDGsとかは、一般的なマインドにすり替わっていくかもしれない未来が来ると思います。今、北欧のある倉庫に次世代に残すタネが100万種あると聞きましたが、そちらもさることながら僕らは身の回りの「主」を大切にして日々を過ごすべきなのかもしれません。

IMG_5229.jpg

IMG_5230.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:旅行