So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

8月18日は涙を流しましょう、ご一緒に。 [涙活]

IMG_7779.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
8月18日(土)19:00~21:00、御徒町はセロトニン道場にて涙活が開催されます。自分も泣語をいたします。ぜひお誘い合わせの上、ご来場ください。ただ今、新作を作成中です。今回は許可をいただいて、寺井氏の著作「人生の大切なことに気づく 奇跡の物語」(かんき出版)の中の1節を泣語にアレンジいたします。完全オリジナルではありませんが、こういったコラボというのもまたチームでやる醍醐味です。

読んで泣けるストーリーが、泣語になってどう変わったか?ここに期待していただきたいなと思います。とはいえ、泣語にした途端「泣けねえ!」という声が多数あがらない保証はないので、ヒヤヒヤものではあるのですが…。その時は、真摯に受け止めて原作のせいに…するわけないですよ!チャレンジングな内容であることは間違いないと思います。

会では僕の他に、泣石家 太陽さん、なみだ先生も登場します。太陽さんの泣語は一風変わっていて、最初にヒーリングミュージックを聴いて、心を整えたり、ネタに社会性を加えたり、オリジナリティ溢れるものになっています。僕の泣語とはまた違ったスタイルなので、楽しんでいただけること請け合いです。モチロン、なみだ先生の仕切る「涙友タイム 」での参加者同士の「泣けるツボの共有」も楽しいひと時ですよ。

ぜひ、みなさまのご来場、お待ちしています。

●お申し込みはこちら


nice!(1) 
共通テーマ:旅行

その涙の理由は、スマホに聞くのが正しいのか? [涙活]

IMG_7464.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
絵本「ナミダロイド」のご紹介です。ミシエル・カーラー画、寺井広樹作。ミシエルさんは、侍戦隊シンケンジャーや仮面ライダー555などにも出演されている俳優さんです。イラストレーターとしてもう一つの顔をお持ちです。マルチな才能羨ましいですね。寺井氏は、お馴染みの涙活プロデューサーで涙に関する絵本を多数出版しています。僕のオススメは「べしわら君」。わらしべ長者の逆のストーリーですが、心温まる展開が◎です。

今回のナミダロイドは、なんといってもミシエルさんのそのイラストのロボットが最高です。チャッピーに似ていそうで似ていない(笑)ぴちょんくんっぽくてっぽくない(笑)絶妙なバランスのデザインで、どこかにいそうだけど、唯一無二であるナミダロイドを描いています。そうすることで、強く親近感を感じることができますね。自然に受け入れられるというか。カクカクしていないところも、未来感を受けます。

ストーリーを多く語るのは野暮なので避けるとして、このナミダロイドが、子育てに奮闘そして、時には涙して爆発してしまうお母さんを「お助けする」物語です。といっても、ドラえもんやコロ助のように物理的に助けるというよりは、その機能によって精神的に支えるという類の能力です。なので、その助けられた際の理由、そこにある関係者の気持ちの背景に、「グッ」っと共感を呼び起こす仕掛けがなされています。

1つの母子の物語ではあるのですが、日常という中にも「多くのドラマがあり」、子供にとっての母親は「唯一無二のスーパーウーマン」なんだなということに気付かされます。その気づきは、ここに描かれていること以上のことが、母親というものに課せられているということを、想像できるから生まれたのだと思います。そんな読む人の想像を掻き立てるストーリー展開が素敵です。

子育て中の女性のみならず、男性にもオススメの絵本です。

nice!(0) 
共通テーマ:旅行

方角を制するものは、気の流れを制す。 [涙活]

11304087414_aa6c9864d3.jpg
photo credit: The British Library Image taken from page 91 of 'A String of Chinese Peach-Stones. [Sketches of village life in central China. With illustrations.]' via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
目下、家に風水を取り入れ中です。ご存知の方も多いと思いますが、風水は古代中国の思想で、人や土地、建物に吉凶の方角を見て、物の位置でその吉凶である気の流れを制御する考え方です。経営コンサルタントの石原明先生のポッドキャストのある回のゲストが、風水コンサルタントの風水師山田光復先生で、その回の内容が殊の外面白かったので、興味を持ちました。

風水といえば、「ファイナルファンタジーのジョブの一つに、風水師がいて大地の力で戦ってたな」とか「ジョジョの奇妙な冒険ストーンオーシャンの敵で、ある爺さんが吉凶の方角を駆使して攻撃してたな」ぐらいしか関与していなかったのですが、前述の光復先生の本を読むと、朱雀、玄武、白虎、青龍の四聖獣が登場したり、自分の生まれた年によって吉凶の方角が決まったり、家の中心「太極」の求め方があったりと、グイグイと引き込まれました。

誰しも、運が悪いよりは、運が良い方にいたいと思いますよね。その運を、自らの行いというか、物の配置によって制御できるとしたら、やって見たいと思うと思います。しかも結構手軽にできることが多いので、ちょっと工夫をするだけ、ちょっと手間をかけるだけで、運や良い気を引き寄せることができるようです。具体的な方法の説明は別の書籍に譲りますが、結果はどうあれ対策をしているということで心に安心が生まれますね。これも良い効果だなと思います。

ほんとちょっとしたインテリアで運気を変えることができるようなので、お試しあれ。あ、自分にとって泣きやすい方角なんてものがあったら面白いですね。

●石原明の経営のヒント+「ゲスト山田光復先生」
http://www.ishihara-akira.com/hint/180501/voice_01.html


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

撮り溜めた涙は、隙間時間に流してしまいましょう。 [涙活]

16671326177_1d1000c3c9.jpg
photo credit: Carbon Arc More Betamax! via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日家を整理していたら、昔のアニメなどを録画したビデオが大量に発掘されました。ドラゴンクエストーダイの大冒険、モーレツあ太郎、三つ目がとおる、チンプイ…このラインナップを聞いただけで涙腺が崩壊寸前ですが、そのカセットの大きさを改めて見直して愕然としました。邪魔だなと。思い出補正はかかっても無用の長物、思い切り捨ててやりました。

そうなんですよね、映像の記憶媒体の進化でビデオカセットがDVDになり、今ではスマートメディアにどんどん薄く小さくなっています。そもそも、スマートメディアでさえ本来は必要ない程に、つまりネット経由でコンテツンが物を媒介せずに移動できるという日常になっています。さて、そんな便利な世の中にあって、これは!と思ったツールがこちらSNOY「nasne」です。

2012年発売のこのマシンは、平たくいえば、ハードディスク機能搭載のネットワークストレージ。主にプレイステーションのゲーム用に開発をされました。僕はプレステのゲームはやらないのですが、このnasneのある機能に注目しました。それは、テレビ番組録画機能とそれをスマホに転送できる機能。家にあるハードディスクレコーダーはこの機能がついていないので、これができるというだけで「神」に思えましたね。

大人になると色々とやらないとならないこと多いですよね。好きな番組を録画してさあ、見よう!と思ったときに、奥さんの目が気になって、子育てワークをしなければならなかったり…。もちろん男性だけでなく女性にも同様のことは起こりえると思います。そんなあなたのために、このnasneは録画映像をスマホにお届けしてくれるんです,Wifiに乗せて。

すると、電車での移動や、各種隙間時間に録画したテレビ番組を視聴することができます!どうです?素晴らしい機能だと思いませんか?と、今ではそんなことできるハードディスクレコーダーばかりだよというツッコミは知らぬ存ぜぬでして、このライフスタイルを可能にするマシンが3万円以下で買えることに感激を覚えるのですよ。もちろん遠隔での操作も可能で、あ!と気づいた時に録画をスタート、予約することもOK。

頼もしいマシンなのです。これで番組を見逃した!撮ったけど見れてない!という涙からはオサラバできますよ。


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

広告が面白い会社は、良い会社に思えてくる。 [涙活]

IMG_4975.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、列車内の窓上広告で面白いものを見つけました。

Q&A方式で、2連の窓枠に1枠ずつ「似たようなロゴと社名」を掲載してどちらが当たっているのかを問う広告です。答えわかりますか?いや、一目瞭然だとは思いますが、ロゴにしても名称にしてもうまくパロディしているなという印象を受けました。

恐らく素材メーカーでBtoBが主戦場だとは思いますが、一般生活者にも親しみを持ってもらいたいという思いでこの広告を出稿されたのではと、思います。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行