So-net無料ブログ作成

この時代、起動するのは僕らだ。 [映像]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。新元号が「令和」と発表されましたね。「令」という字が強い字だなという印象をもちましたが「れいわ」っていう全体の響が好きです。れいわ=0話って意味にもなるし、ここから新しい歴史がまた生まれるっていう感じでワクワクしてきますね。「平和に成る」の平成の時代に恒久の平和は残念ながら成せなかったじゃないですか、それでもそこに込めた願いというのは旧元号としてずっと残るし、名前と一緒で大切にして行きたいですね。

さて、そんなずっと残るコンテンツ、いや今もなお革新し続ける日本を代表するコンテンツといえば「機動戦士ガンダム」です。40周年を迎えたこの番組の特番「ガンダム誕生秘話」が先日NHKにて放映されました。今では国民的アニメと言っても過言ではないこの作品の当時の苦労から、制作現場の裏話まで充実の50分でした。当初のタイトルは宇宙船団ガンボーイ。ロボットが主役のヒーローものではなく、クルー達に焦点を当てている人間ドラマ感がタイトルから滲み出ています。

最初の富野メモ=企画書には、作品テーマ「自由と義務」、演出テーマ「少年から青春を見上げる」、映像「修羅の連続」とあり、ホワイトベースのクルー達の道程が過酷であることを、監督は初期設定から決めていたようです。主人公はメカオタクで根暗の少年アムロ・レイ。それまでは元気な3枚目かクールな2枚目のように、みんなに愛される主人公という定説を覆した設定は当時としては画期的なことでした。ナヨ主人公の系譜は、その後のエヴァンゲリオンの碇シンジなどにも通じているなと思いました。

ガンダムは4月番組で5時半という事もあり、低視聴率で放送は打ち切りになりました。それでもその後ガンプラから再度火がついて大復活を遂げました。完成された超合金のオモチャでなくて「自分で作るプラモデル」としたところがミソだそうで、作中の好きなシーンを再現したくなるという中高生の心理を上手く突いて当たったそうです。それから映画、音楽、ゲームとどんどん活躍のフィールドが拡散。今春も新シリーズ機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 前夜赤い彗星が4/29にスタートします。

当時の巨匠達の思い出話と苦労話を見聞きして、どんな凄い歴史も一人の情熱から火がついて周りを燃え上がらせて、大地に立つんだなと感涙しました。機動戦士ガンダムがある日本は、まだまだ新しい時代を開拓していけるエネルギーがある国だと思います。

http://www.gundam-the-origin.net
nice!(0) 

30年の冒険の軌跡が、見た人の心に波紋を呼ぶ。 [映像]

IMG_9045.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
荒木飛呂彦先生のライフワークであるジョジョの奇妙な冒険が、今年で30周年を迎えます。その集大成とも言えるべき展覧会「荒木飛呂彦原画展JOJO-冒険の波紋-」に行って来ました。六本木は乃木坂駅直結の由緒ある新国立美術館で開催されたこの展覧会は、東京から大阪へと居を移して来年まで輝きを放っています。いやあ、本当に行って良かった。9月後半の参戦だっのでグッズとか売り切れまくりでしたが、それでもよかったです、ほんと。

原画展で最大に嬉しいなと思うポイントのは、ネームが見れるところです。ああ、こう言うコマ割りからあのページが産まれたんだと、漫画に昇格していくクリエイティブワークの過程が見て取れるのが最大の楽しみです。あとは、原画に刻まれた「枠外の筆致」も注目に値します。印刷外の部分にも、荒木先生のそのコマとシーンに対する敬意が見て取れるからです。詳しく言うと、擬音語や、風音などの環境線が、コマをはみ出して描かれていることがよくあるので、そこが見応えあるなと。

よく荒木先生がおっしゃっている、気分が乗って来たりするとコマの外に戦いやアクションが飛び出していくと言う現象が目の前で見て取れるので、こんなにリアリティを感じることはないです。キャラクターが勝手に動いていくと言う表現もよく聞きますが、そのことも感じ取れる画が何枚もありました。僕が好きなのは第7部のラストシーンですね。ジャイロがいなくなるときの言葉。ジャイロの魂がジョニイに残す言葉。あの言葉は、頭で考えたと言うよりは、キャラクターから勝手に口を衝いて出たと思えてくるほどに素敵です。

さて、そんな原作原画が立ち並ぶ今回の原画展の目玉は、等身大の12人のキャラクターペイント。空条徐倫、
、広瀬康穂、ブローノ・ブチャラティ、ジャイロ・ツェペリ、ディオ・ブランドー、空条承太郎、イギー、吉良吉影、ウェザー・リポート、東方定助、山岸由花子、カーズと1部〜8部まで満遍なく先生のお気に入りキャラクターが登場してました。制作過程のインタビュービデオも流れおり、これらの絵が生まれた背景や、制作時に思ったことなどもインプットすることができました。ここは撮影できないので写真がなく恐縮ですが。

この原寸大原画は、12枚あることのリズムに注目して欲しいそうで、世の中において12というのは意味がある数字だそうです。言われてみれば、日本の仏像世界の12神将だったり、キリスト教の12使徒だったり、陪審員が12人だったり、1年は12カ月だったり、干支や星座も…12は特別な意味を持つ数字のようです。そして、等身大で描くことで先生は、そのキャラクターがその場にいて欲しいと言う気持ちを表現したと言っています。筆入れが、メイクをしてあげているような奇妙な感覚になると、愛でていると(笑 )

僕もこの12人の前に立ち思いを馳せていると、なんだかこの世界の住人になるような感覚に陥ることができました。カーズに「勝てばよかろう、なのだ!」と面と向かって言ってみたいです。この書き下ろし原画の他にも、ジョジョの様々なシーンのモチーフになっているイタリア絵画の情報や、クリントイーストウッドは、空条承太郎のモデルだなど、見聞きして嬉しい、楽しい情報が満載の展覧会でした。やはり、生の迫力と、エネルギーは違いますね。大げさかもしれませんが、そこに宿っている魂を感じることができますよ。

大満足の展覧会。関西地方にお住いの方は、まだまだ行けるチャンスがあり、羨ましいです。会場を見渡したら結構女性のお客さんが多かった(6割以上!)印象を受けました。グッチや資生堂とコラボしていたり、ルミネでもインスタレーションしていたりとそのファッション、ビューティー関連の事象も多分に影響しているんだろうなあと想定しました。まさに、国民的コンテンツ、最高です!荒木先生!

IMG_9156.jpg
▲それぞれ、なんの画かわかりますか?


nice!(1) 

この不気味さは、囚われた人間の心の闇だ。 [映像]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
「ゲット アウト」という映画を見ました。Amazon Primeで新登場。ところで、最近TSUTAYAで DVDをレンタルすることがめっきり減りました。昔はよく海外ドラマを「まとめて5枚で1,000円」プランでよく借りていたのですが、今じゃNetflixやAmazon Primeで見放題ですからね。特にネットフリックスで1カ月申し込んでも700円とかなので、レンタルの比じゃ無いですね。しかもDLできてどこでも見れる。

移動時間などの隙間時間に映画が見られるなんて、なんて贅沢なんだと。いやいや、映画は連続して見ないとダメでしょ!という声も聞こえてきそうですが、なかなか今の時代、まとまった時間を確保するのも簡単ではございません…。でも映画は見たい、そんな人にはうってつけのサービスですよ。で、冒頭の「ブラック アウト」です。ジャンルはホラー?スリラーかな。白人美女と付き合っているアフリカ系黒人青年が主人公です。

いやあ、不気味です(笑)僕は、この映画の根底にある仕掛けにはなかなか気づけなかったのですが、なんとなーく嫌な予感だけはずっとあって最後にきてああこれかと。人種差別がテーマにあるんですけど、そう行った社会背景も含めて、よくできた作品だと思いました。こういったこと(作中の吐き気を催す行為)が今後でてきそうだなー、テクノロジーと医学の進歩で。ムカデ男に通じる何かですね、あれは思いだしたく無い。

プロットは2018年のアカデミー賞脚本賞を獲得しているので、お墨付き。主演はマーベルの大作ブラックパンサーにも出演したダニエル・カルーヤ29歳。最初物静かな青年が、徐々に変わっていく姿を繊細な演技で見せてくれます。女優のアリソン・ウィリアムズはチャーミングな30歳。彼女も冒頭の芯の強い女性から、ラストでの冷徹な変貌ぶりまでカメレオン演技で楽しませてくれます。ポニーテール姿が素敵です。

他にも、アリソンの弟役のケイレブ・ランドリー・ジョーンズのイカれ方も見所です。ほんと、この映画に出てくる人たちのイカれ具合は最高にイカしているなぁ。サイコになっては困りますが、僕らの日常でも少しぐらいイかれた方が、楽しく回るような気がしてきます。地球も徐々にイカれてきてますからね…。まあ、こっちは少しでも正常に戻ってきて欲しいですが。

さてさて、「ゲット アウト」。Amazon Primeなら年会費だけで見れるワンノブゼムになりますよ!
nice!(1) 

狂気の街のストーリーは、普通のままじゃ見られない。 [映像]

33825904466_7a028dbc8f.jpg
photo credit: Gage Skidmore Erin Richards & Jessica Lucas via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
ゴッサム 3rdシーズンを見ています。Netflixは月700円ちょいで、ものすごい量の映像が見放題なんて、素晴らしいの一言に尽きます。TSUTAYAとか大変だなと思うわけです。好きだけどTSUTAYA、漫画とか借りれるのと、リクエストで店舗にない商品がお取り寄せできるのが嬉しいですね。でもそれも、前述のサービスや、Amazon Primeで「放送されてない」ものだったりするので、頻度は落ちますね、残念ながら。

Netflixなどの動画定額見放題サービスは、連続ドラマものを見るのに大変重宝します。海外ドラマものって、当たっているタイトルは回数もシーズンも桁違いに多い…。僕は海外ドラマが好きなので24やプリズンブレイク、LOST、ヒーローズ、TOUCH、etc…と見たのですが、この時代から見てたらどれだけお金をセーブできたかわかりません(涙)。もうね、有給休暇取ってカウチでポテチで見まくりでしたね、ほんと。

ところで、話は冒頭のゴッサムに戻りますが、シーズン3良いですねぇ?。相変わらずのジム・ゴードンの熱血漢ぷりと、ブルースのちょっとした成長と、コブルポッドのいかれ具合が最高です。バーバラ役のエリン・リチャーズが回を追うごとに美しくなっていくのも見所の一つ。いいなあ、エリン。22話完結でようやく14話まで到達しました。で、(少々ネタバレですが!)あのジェロームがまさかの復活?あの狂気最高!ちょっと信者になる感覚わかるかも(笑)やばいですね。

全篇通してバットマンは全く出てこないのですが、単なる刑事ドラマではなく、あのバットマンのゴッサムシティの禍々しさというか、妖魔的な魅力というのが色濃く出ており、雰囲気を全く崩してないのがとてもよろしくてですね、LOST以来のヒットですね、個人的に。ヴィランが魅力的なんだよ、特に。エドワード・二グマ役のコリー・マイケル・スミスいい味出してるわ、ホント。あのイかれた役とかやってみたいですね。ギロチンとか出すところのはしゃぎ方やばいですね。

と、ご覧になってない方にはなんのこっちゃ?的なポストになりましたが、ゴッサム3rd、後悔はさせない内容だと自負していますので、いや僕が作ってもないし、出てもないですが(笑)、是非この感覚を共有頂けると嬉しいです。あ、1、2から見た方が絶対オススメです。



nice!(1) 

ひょんなことから大統領になった男の話。 [映像]

14767078524_33683ed70f.jpg
photo credit: Gage Skidmore Kiefer Sutherland via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
キーファサザーランド主演の「サバイバー 宿命の大統領」をご存知ですか?あるテロ事件で大統領をはじめとした閣僚ほぼ全員が死んでしまい、大統領継承代11位の元都市計画長官が大統領に就任して、国政を取り仕切っていく米テレビドラマです。シーズン2までがネットフリックスで独占配信されており、残念ながら同シーズンで打ち切りとなっています。

キーファサザーランドといえば24のジャックバウワーのイメージを思い浮かべる方が多数いらっしゃると思いますが、本作では派手なアクションとバイオレンスの代わりに、はじめは戸惑いながらも、大統領としての強いリーダーシップを次第に発揮し始めています。早口な指示や、時折見せる語気にバウワー節は健在と見るも、大統領としての風格や、人の心に入り込む笑みなど新しい演技の幅も感じました。

特に身長が高いわけではありませんが、あの威風堂堂とした感じに見えるのは、彼の経験が堆積して放つオーラなのだろうと思います。実際に会ったらものすごいと思いますよ、ええ。プロットは言葉を選ばずに言えば、ロシヤやアラブ諸国のテロリスト等等が敵になり、様々な政治問題を浮上させるものである程度想像できました。ただそんなお決まりのストーリーの中にも、ホワイトハウスの陰謀や、武器ブローカーの暗躍などもあり、複雑な様相を示しています。

オススメはシーズン1です。2は打ち切りが決まったからなのか、途中から必要のないと思われるエピソードが挟まれたり、伏線の回収が急ぎすぎだったりと、なんとなくテンポが悪いなあという印象を持ちました。あと1話で完結なのですが、このままでスッキリするのかな?と少々不安です(笑)。まあ、キーファ好きですし、何より父親としての彼の姿が好きです。別作品の「touch」でも子供に対しての接し方が素敵でした。あんな父親に慣るのは難しいと思いますが、一つの理想として持っていてよいと思います。

●公式サイトはこちら
nice!(0)