So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

秋の夜長に、怪談話はいかがでしょう? [涙活]

0d1db2d7dc48bc0db41b132762557989-548x778.png
▲画像https://www.loft-prj.co.jpより。

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
来たる11月22日(木)19:30からスタートのイベント 「ゆうれい占い」出版記念トークライブ&怪談会
に出演いたします。怪談師や怪談作家の方々に混じって泣石家あらため恐死家(おそろしや) 霊照としての参戦です。僕は怖がりなので、怪談を聞くのはあまり得意ではないのですが、自分が泣くほど恐い話をご提供できればと思っております。

怪談話というと稲川淳二さんを思い出しますよね。2014年には「かたりべ」という映画も公開されています。そしてその作品の多くがYoutubeでも見ることができます。僕が怪談で目指したいところは、なんといっても主人公の伝染するような恐怖顔と、怪奇現象の狂気です。普通じゃいられない状況、常軌を逸する語りはある種のトランス状態から生まれるのではないかと仮定しています。

それこそ、自分の中に恐ろしい説明できないものが土足で入り込んでいて、どかそうにも動かない、そんな心持ちです。個人的には怪談を聞きたい人たちの心理状態にも興味があります。わざわざお金を出してまで恐い話を聞きたいというのは、それだけスリルに飢えているということでしょうか。日常がなんとなく過ぎてしまって物足りなさを感じているからなのでしょうか。ぜひお聞きしたいないと思います。

ぜひ、イベントよろしくお願いいたします。
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/102976
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

ドラマで学ぶ。視点を変える。 [涙活]

3310540463_68491a9d41.jpg
photo credit: Yuya Tamai 第6回全日本学生落語選手権「策伝大賞」 via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
毎週金曜日夜10時からNHKドラマ、昭和元禄落語心中がオンエア中です。200万部を超える雲田はるこさんの人気コミックのドラマ版です。主演は岡田将生さん、中堅の山崎育三郎さん、若手の成海璃子さん、大政絢さん、そして平田満さん、酒井美紀さんらベテランが脇を固めます。昨年はアニメ化されていた本作。僕も見ていましたが、落語の設定とシーンがしっかりしていて、単なる漫画のアニメ化に止まらない作品という印象を受けました。

本ドラマも、監修に現役落語家の柳家喬太郎師匠をお迎えしての作り込みに、作品と落語に対する監督とスタッフの並々ならぬ意気込みを感じます。何と言っても注目は名人八雲師匠を演じる岡田将生さん。まさかの中学生学生服姿までチャレンジする事で実に10代から60代までの幅広い八雲師匠を演じることになります。また、落語シーンもいいですねぇ。色っぽい話を得意技としていく八雲師匠のキャラクターは、岡田さんの妖艶な感じと相まっています。自然と融合されている感じです。老年時代の気難しさも良く表現されていました。

ただ今、第2話ですが、これから徐々に助六扮する山崎育三郎さんの活躍が増えてくることになります。そんな、天真爛漫な落語を放つ助六の姿にも大いに期待をしていきたいです。そして大政絢さん演じるみよ吉がどれほどの妖艶さを醸し出すのか。ここにも期待です。アニメの声優は林原めぐみさんでしたね、確か。主題歌も歌っていましたね、みよ吉の男をくすぐるあの感じがよく出ていましたよ、声だけでそんな演技ができるなんて声優さんてほんと凄い職業です。

ちょっと横道に逸れましたが、昭和元禄落語心中。今クールおすすめの一本です。
https://www.nhk.or.jp/drama10/rakugo/index.html


nice!(1) 
共通テーマ:旅行

遂に、彼らの黄金のような物語が始まった。 [涙活]

22885687953_0b4d7cc4fd.jpg
photo credit: FAT8893 #AMG2015 Day 2 Cosplay: 002 via photopin (license)

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
遂に今クールからジョジョの奇妙な冒険第5部「黄金の風」がスタートしました。ベネ!ベネ!ディモールト・ベネ!1クールで終わる気が全くしないのですが、端折る事なく全てのストーリーを総ナメしてくれることを期待してやみません。いやぁ、長かった、長かったよ第5部がアニメ化されるまで。首長竜で待ってましたね。第5部は一番好きな章なので感動もひとしおです。

既に3話まで完了しており、ブチャラティとの小競り合いからの、黄金の夢に賭けよう!と流れて、そんなものはこのクラッカーの歯クソほどの事もないんだ。まで来ましたね、ところで幹部ポルポの声聞き取りづら過ぎ。オープニングソングは第2部のBLOODY STREAMを歌い、第4部のCrazy Noisy Bizarre Townを作曲したCodaさん。タイトルはFighting Gold。ワクワク感あります!

5部は泣き所も満載なんですよ。フーゴと別れるシーンで、ナランチャが泳いでブチャラティたちのところに戻るところや、ブチャラティがトリッシュを殺害しようとするボスにキレるところや、ペリーコロさん、アバッキオが亡くなるところとか。あの部分を再現泣語をするしかないですね、これから。

毎週金曜日、TOKYO MXは25:05からON AIR中!お見逃しなく!

http://jojo-animation.com
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

初の独演会を終えて。 [涙活]

IMG_9576.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、泣石家 霊照の「諸々の奇妙な泣語」が無事に終了いたしました。ご参加の皆さま、会場のセロトニン道場様誠にありがとうございます。泣語家としての活動も6年目に入り、初の単独開催ということでチャレンジさせていただきました。中々にお客様集客では厳しい部分もございましたが、なんとか開催ができたことに安堵をしております。

お客様のお一人に、なんと滋賀県から大学の論文のネタ集めとして来られた方がいて、会が始まる前にそのことを聞いたので一気にハードルが上がりました。なんでも、社会学を専攻されており、現代は感情が吐き出せなくなっていることが多いので、涙活などの活動が生まれてきている、その背景とウンタラカンタラ(ZZZ...)もう高尚ですね、流石です。

気を引き締めて、やったネタは6本。今回はチャレンジとして「泣き笑い」を交互に射し込んで、感情を揺り動かそうと試みました。泣語と落語、どちらもそう長くはないネタでの構成です。ほとんどのお客様がそのどちらとも馴染みが薄いということで、演り終わった後にネタの構成やサゲの説明をすることなどもありましたが(笑)、真っ新な人の心にどうやって入り込むか共感を呼び起こすか、とてもやり甲斐を感じた次第です。

学生のNさんのみならず、他の方々にも何かしら琴線に触れることができていたら嬉しく思います。今後も独演会を続けて、ひとりでも多くの方の心に触れて、共感するという究極の癒しを自分自身が味わって行こうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

さあ、始まった第3期、ヒートアップして火傷しませんように。 [涙活]

IMG_9525.jpg
▲メンバーの姐さんがくれたお土産。

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
春風亭正太郎先生の、僕にとっての3期目のクラスが始まりました。いやあ、燃えますね。お馴染みの兄さん姐さん方々が、揃いましてチーム感が好きですねぇ。1期ぶりに復活した兄さんもいて、わちゃわちゃこれから楽しみです。先生との距離感が近いのがとても嬉しいです。自分は本当に出逢いに恵まれているなと、ひとりレッドブルを飲みながら帰りの電車でふと思いました。

で、根多ですよね。今回セレクトしたのは「強情灸」。落語の筋よりも、リアクション、顔芸に重きを置くネタです。「なんだい、なんだい、話の筋を覚えないでいいなら、楽でねえか?」と思われたそこの御仁、いやいや違うのですよ。だからこそ、「面白さ」を演出するのがとても重要なんですよ…と正太郎先生がおっしゃってました(笑)普通にやったらツマラナイ。どこまで、大仰に、微細に、顔と仕草を作れるか。今回の課題は、所作に持ってきましたよ、ええ。

発表会は1月になりそうです。さあ、稽古稽古!
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

涙のマンデー、ハッピーデーでお待ちしています。 [涙活]

short.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
10月15日(月)20:00から御徒町はお馴染みセロトニン道場にて泣石家 霊照「諸所の奇妙な泣語」を開催いたします。単独で泣語会を開催するのは、今回が初めてです。是非、多くの方にお越しいただき、楽しんでいただけたらと思っています。

今回の会は、泣語の原点に帰り、ルールの一つである5分以内(目安ですが)と言うのにこだわり、いくつもの話を矢継ぎ早に展開する構成を考えています。そんな中に、うまく笑いの話も取り混ぜて、感情の落差をつけていけたらと思います。

大上段から、「どうぞ泣いてください」「泣けるでしょうー?」と言うつもりは毛頭ありませんと言うか、そんなに簡単にいくわけないと思っています。ただ、僕は泣語家として率先して泣きを引っ張っていきますので、どうぞ、お話にコミットして、その内容と登場人物たちの機微に触れていただきたいと思います。

話をするのは、こちらかもしれませんが、受け取っていただくのはお客様です。双方向の共感が少しでも生まれて、そこに通った線が波紋になって、会場全体を包んでいく。そんな空間を作れたら、話し手冥利に尽きます。さてさて、お席に余裕がございます、ぜひハッピーマンデーをご一緒に。

https://nakashiyareisho.peatix.com
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

30年の冒険の軌跡が、見た人の心に波紋を呼ぶ。 [映像]

IMG_9045.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
荒木飛呂彦先生のライフワークであるジョジョの奇妙な冒険が、今年で30周年を迎えます。その集大成とも言えるべき展覧会「荒木飛呂彦原画展JOJO-冒険の波紋-」に行って来ました。六本木は乃木坂駅直結の由緒ある新国立美術館で開催されたこの展覧会は、東京から大阪へと居を移して来年まで輝きを放っています。いやあ、本当に行って良かった。9月後半の参戦だっのでグッズとか売り切れまくりでしたが、それでもよかったです、ほんと。

原画展で最大に嬉しいなと思うポイントのは、ネームが見れるところです。ああ、こう言うコマ割りからあのページが産まれたんだと、漫画に昇格していくクリエイティブワークの過程が見て取れるのが最大の楽しみです。あとは、原画に刻まれた「枠外の筆致」も注目に値します。印刷外の部分にも、荒木先生のそのコマとシーンに対する敬意が見て取れるからです。詳しく言うと、擬音語や、風音などの環境線が、コマをはみ出して描かれていることがよくあるので、そこが見応えあるなと。

よく荒木先生がおっしゃっている、気分が乗って来たりするとコマの外に戦いやアクションが飛び出していくと言う現象が目の前で見て取れるので、こんなにリアリティを感じることはないです。キャラクターが勝手に動いていくと言う表現もよく聞きますが、そのことも感じ取れる画が何枚もありました。僕が好きなのは第7部のラストシーンですね。ジャイロがいなくなるときの言葉。ジャイロの魂がジョニイに残す言葉。あの言葉は、頭で考えたと言うよりは、キャラクターから勝手に口を衝いて出たと思えてくるほどに素敵です。

さて、そんな原作原画が立ち並ぶ今回の原画展の目玉は、等身大の12人のキャラクターペイント。空条徐倫、
、広瀬康穂、ブローノ・ブチャラティ、ジャイロ・ツェペリ、ディオ・ブランドー、空条承太郎、イギー、吉良吉影、ウェザー・リポート、東方定助、山岸由花子、カーズと1部〜8部まで満遍なく先生のお気に入りキャラクターが登場してました。制作過程のインタビュービデオも流れおり、これらの絵が生まれた背景や、制作時に思ったことなどもインプットすることができました。ここは撮影できないので写真がなく恐縮ですが。

この原寸大原画は、12枚あることのリズムに注目して欲しいそうで、世の中において12というのは意味がある数字だそうです。言われてみれば、日本の仏像世界の12神将だったり、キリスト教の12使徒だったり、陪審員が12人だったり、1年は12カ月だったり、干支や星座も…12は特別な意味を持つ数字のようです。そして、等身大で描くことで先生は、そのキャラクターがその場にいて欲しいと言う気持ちを表現したと言っています。筆入れが、メイクをしてあげているような奇妙な感覚になると、愛でていると(笑 )

僕もこの12人の前に立ち思いを馳せていると、なんだかこの世界の住人になるような感覚に陥ることができました。カーズに「勝てばよかろう、なのだ!」と面と向かって言ってみたいです。この書き下ろし原画の他にも、ジョジョの様々なシーンのモチーフになっているイタリア絵画の情報や、クリントイーストウッドは、空条承太郎のモデルだなど、見聞きして嬉しい、楽しい情報が満載の展覧会でした。やはり、生の迫力と、エネルギーは違いますね。大げさかもしれませんが、そこに宿っている魂を感じることができますよ。

大満足の展覧会。関西地方にお住いの方は、まだまだ行けるチャンスがあり、羨ましいです。会場を見渡したら結構女性のお客さんが多かった(6割以上!)印象を受けました。グッチや資生堂とコラボしていたり、ルミネでもインスタレーションしていたりとそのファッション、ビューティー関連の事象も多分に影響しているんだろうなあと想定しました。まさに、国民的コンテンツ、最高です!荒木先生!

IMG_9156.jpg
▲それぞれ、なんの画かわかりますか?


nice!(1) 
共通テーマ:旅行

伝統を崩して、再形成する。 [飲食]

IMG_9266.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
ロングセラー商品亀田の柿の種に、新形態が登場しました。その名も「TANEZACK」ピリ辛味。あの三日月型の煎餅とピーナッツがクラッシュされて、半円型に再成形された米スナック菓子です。ちょうどチョコクランチに似た形状ですが、味はあくまでもしょっぱいあの柿の種味。その名の通り、ザクザク食感で少し歯を充てるだけで、ボロボロと崩れて行きます。

正直微妙です…。僕は柿の種を非常に良く食べるのですが、わざわざ再成形するほどの事かと言う気がしますね。恐らくピーナッツとの融合性と、食感を重視したのではないかと思うのですが、逆に煎餅の香ばしさと、あの艶やかな醤油スキンがもたらすシズル感が損なわれてしまったと思います。塩加減もなんかおかしいし。伝統を崩すことへの挑戦については、買いますが商品としては、いまひとつです。。。

とピリ辛より辛口の感想にて恐縮です。あくまで個人的意見ですので、ご理解くださいませ。そう、気概は素晴らしいと思います。

nice!(1) 
共通テーマ:旅行

渋谷の新名所に足を運んでみました。 [飲食]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、遅ればせながら渋谷の新名所、渋谷ストリームに行って参りました。いやあ、すごい人でしたね。渋谷駅埼京線乗り場からほど近いこのビルは、オフィスフロアと、エクセルホテル東急、各種料飲店、プレッセ渋谷デリマーケットが軒を連ねています。オフィスには今後グルーグルが引っ越して来る予定で、このビル自体のコンセプトはクリエイティブワーキングスタイルとのこと。Googleいいですね〜、2020年に向けての東京の新しいアイディアの拠点になりそうな施設です。

4Fにはフットサルコートも12月にオープンするそうで、渋谷駅からほど近いこの地なら、仕事上がりにひと蹴りして行こうかと言うビジネスマンもたくさん出てきそうです。そんな中、気になった2つのグルメスポットに寄ってみました。金沢発のレモネード店「レモニカ」とハンバーガーSHOP「THE GREAT BURGER STAND」です。まずはレモニカ。9月13日のオープンから暫くはかなりの行列ができていたそうですが、10月になり落ち着いた模様で、2〜3人並んですぐにオーダーできました。

IMG_9398.jpg

頼んだのは、フローズンタイプのレモネードLで価格は620円。テイクアウトのドリンクでこの値段か!とちょっと二の足を踏みましたが、そこはオトナ。平然とした顔で小銭で支払いをしましたよ。販売カウンターの隣には、ブランコ席がいくつか置いてあり、オッサン一人でそこで堪能しました。ストローが細かったので、フローズンは飲みにくかったのですが、それでも美味しくいただきました。それほど酸っぱくなく、甘くもなくちょうど良い塩梅。と言うか、普通にレモネードだ、と言う感想でなぜそれほどまでにお客さんが湧いたのかはちょっとわかりませんでした。でも、店の佇まいとか、カップのデザインもオシャレです、とても。

そして、「THE GREAT BURGER STAND 」では、スタンダードのハンバーガー1,000円を注文。全く水を出してくれない店員さんに、ヤキモキしながらも待つこと10分弱。オージーパティのハンバーガーがフレンチフライと一緒に銀色トレーに乗って登場しました。お味の方は、美味。同じ渋谷にあるFAT BURGERよりもグルメバーガー寄りだなと言う印象です。ケチャップとマスタードはお好みで自分でつけるタイプなので味の調節が可能なのが嬉しかったです。ただパティの整形がきっちりしすぎていて、少し機械的な感じを受けました。もっと無骨と言うか、手作り感があると嬉しいですね。

IMG_9393.jpg

今回は、この2店舗でしたが、まだまだたくさんの美味しそうなお店がありましたので、ぜひ、足を運んでみてはいかがですか?

https://shibuyastream.jp
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

あ、コンビニで、海老蔵さんだー。 [飲食]

IMG_9375.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
ブラックサンダーの新フレーバーにフランス産ミルク味、その名も海老蔵サンダーが登場しました。このコラボ商品は、海老蔵さんの公演で販売されていた限定商品だったのですが、毎回売り切れ続出で好評ということで、今回、一部のコンビニで発売に至ったとのこと。パッケージは2種類で、コピーは「チョコがリッチで候」(笑)。実際に海老蔵さんがそんなことを言うのか!とツッコミはあるのですが、イラストが結構似ているので許せてしまいます。

気になるお味は、掛け値無しに美味しいです。コクがあると言うんですかね、しっかりした味わい。ブラックサンダーはいろいろな変わり種が登場しますが、柿の種やフルグラなど。今回は久々に正統派な美味しさを追求したなと言う印象です。お菓子自体の色は、通常のものと比べると少し薄めですね。小腹が空いたときに重宝しそうです。ぜひ、お店で発見したらお試しください。


nice!(1) 
共通テーマ:旅行