So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

撮り溜めた涙は、隙間時間に流してしまいましょう。 [涙活]

16671326177_1d1000c3c9.jpg
photo credit: Carbon Arc More Betamax! via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日家を整理していたら、昔のアニメなどを録画したビデオが大量に発掘されました。ドラゴンクエストーダイの大冒険、モーレツあ太郎、三つ目がとおる、チンプイ…このラインナップを聞いただけで涙腺が崩壊寸前ですが、そのカセットの大きさを改めて見直して愕然としました。邪魔だなと。思い出補正はかかっても無用の長物、思い切り捨ててやりました。

そうなんですよね、映像の記憶媒体の進化でビデオカセットがDVDになり、今ではスマートメディアにどんどん薄く小さくなっています。そもそも、スマートメディアでさえ本来は必要ない程に、つまりネット経由でコンテツンが物を媒介せずに移動できるという日常になっています。さて、そんな便利な世の中にあって、これは!と思ったツールがこちらSNOY「nasne」です。

2012年発売のこのマシンは、平たくいえば、ハードディスク機能搭載のネットワークストレージ。主にプレイステーションのゲーム用に開発をされました。僕はプレステのゲームはやらないのですが、このnasneのある機能に注目しました。それは、テレビ番組録画機能とそれをスマホに転送できる機能。家にあるハードディスクレコーダーはこの機能がついていないので、これができるというだけで「神」に思えましたね。

大人になると色々とやらないとならないこと多いですよね。好きな番組を録画してさあ、見よう!と思ったときに、奥さんの目が気になって、子育てワークをしなければならなかったり…。もちろん男性だけでなく女性にも同様のことは起こりえると思います。そんなあなたのために、このnasneは録画映像をスマホにお届けしてくれるんです,Wifiに乗せて。

すると、電車での移動や、各種隙間時間に録画したテレビ番組を視聴することができます!どうです?素晴らしい機能だと思いませんか?と、今ではそんなことできるハードディスクレコーダーばかりだよというツッコミは知らぬ存ぜぬでして、このライフスタイルを可能にするマシンが3万円以下で買えることに感激を覚えるのですよ。もちろん遠隔での操作も可能で、あ!と気づいた時に録画をスタート、予約することもOK。

頼もしいマシンなのです。これで番組を見逃した!撮ったけど見れてない!という涙からはオサラバできますよ。


nice!(0)