So-net無料ブログ作成

階段の上で話すなら、オチには気をつけろ。 [涙活]

スポンサードリンク




IMG_3484.png
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。昨日はモミノキハウス43周年のイベントの前座落語、無事に終了いたしました。お聞きくださった方々、また呼んでいただいた山田オーナーをはじめとするスタッフの皆様誠にありがとうございます。モミノキハウスはお気に入りの人とお会いする時に何度か足を運ばせていただいているベジタリアン、ビーガンも満足の自然派レストランです。オーナーの山田さんはホテルシェフとして腕を磨いた後、43年前にこの地にこのレストランをオープンさせます。

モミノキハウスは、そのポリシーに共感した多くのNature Loverを虜にしており、海外の著名人も多数来訪している有名店です。今回もその43周年を祝って多くの方々で賑わいました。長野県で無農薬の田んぼを運営しているおじ様や、古代小麦を栽培している20代の青年、矢沢永吉さんをこの店に連れて来たことがある音楽プロデューサーや、オーナーの師匠の姓名判断士のお父さんなど魅力溢れる方々の挨拶トークが印象的でした。あ、43周年がキリが悪いのは仕方がありません。周年は毎年やってますので(笑)

客席の広さは20平米ぐらいでしょうか。ピアノはありますがステージはないので高座をどこにしようか…と考えて座ったのは「階段のてっぺん」。実はこのお店にはロフト席があり、そこへ行くために階段があるので、その頂上のスペースに座布団を敷いて落語をいたしました。皆を見下ろす形で気持ちよかったのですが、ロフト席の方々に顔を見せるために、意識して右を向いたために首が疲れました…。終了後には挨拶に来てくれた方もいて、感謝感激です。これからもどんどんとこう言った機会を増やしていきます。

おめでとうモミノキハウスさん!またお邪魔します。
http://www.mominoki-house.net


スポンサードリンク



nice!(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1