So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ドラマで学ぶ。視点を変える。 [涙活]

スポンサードリンク




3310540463_68491a9d41.jpg
photo credit: Yuya Tamai 第6回全日本学生落語選手権「策伝大賞」 via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
毎週金曜日夜10時からNHKドラマ、昭和元禄落語心中がオンエア中です。200万部を超える雲田はるこさんの人気コミックのドラマ版です。主演は岡田将生さん、中堅の山崎育三郎さん、若手の成海璃子さん、大政絢さん、そして平田満さん、酒井美紀さんらベテランが脇を固めます。昨年はアニメ化されていた本作。僕も見ていましたが、落語の設定とシーンがしっかりしていて、単なる漫画のアニメ化に止まらない作品という印象を受けました。

本ドラマも、監修に現役落語家の柳家喬太郎師匠をお迎えしての作り込みに、作品と落語に対する監督とスタッフの並々ならぬ意気込みを感じます。何と言っても注目は名人八雲師匠を演じる岡田将生さん。まさかの中学生学生服姿までチャレンジする事で実に10代から60代までの幅広い八雲師匠を演じることになります。また、落語シーンもいいですねぇ。色っぽい話を得意技としていく八雲師匠のキャラクターは、岡田さんの妖艶な感じと相まっています。自然と融合されている感じです。老年時代の気難しさも良く表現されていました。

ただ今、第2話ですが、これから徐々に助六扮する山崎育三郎さんの活躍が増えてくることになります。そんな、天真爛漫な落語を放つ助六の姿にも大いに期待をしていきたいです。そして大政絢さん演じるみよ吉がどれほどの妖艶さを醸し出すのか。ここにも期待です。アニメの声優は林原めぐみさんでしたね、確か。主題歌も歌っていましたね、みよ吉の男をくすぐるあの感じがよく出ていましたよ、声だけでそんな演技ができるなんて声優さんてほんと凄い職業です。

ちょっと横道に逸れましたが、昭和元禄落語心中。今クールおすすめの一本です。
https://www.nhk.or.jp/drama10/rakugo/index.html




スポンサードリンク



nice!(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1