So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

まずい棒を喰らってみた。 [涙活]

スポンサードリンク




IMG_9054.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
銚子電鉄新名物、まずい棒をいただきました。銚子電鉄といえば、ぬれ煎餅がお土産として有名でしたが、ポストぬれ煎餅を狙う新プロダクトです。パッケージイラストはホラー漫画の巨匠、日野日出志先生。毎年夏時期に行われている銚子電鉄のイベント列車「お化け列車」の運行時期に合わせて発売されましたので、まさにうってつけのコンビだったというわけですね。

さて、このまずい棒。言わずもがなですが、やおきんさんのロングヒット商品「うまい棒」の逆張り商品です。ですが、味は美味しい(笑)まあ、そうじゃないと売れないですからね。まずいのは売らないと「銚子電鉄の経営状態がまずい」という自虐ネタからの採用ワードとのこと。転んでもただでは起きない、その心意気が素晴らしいですね、気概を感じます。

気になるお味は、コーンポタージュ。うまい棒にも数あるフレーバーの中でもなぜこの味を選んだのか、発案者の寺井広樹氏にインタビューしてみたいですが、普通に美味しいです。うまい棒より、ちょっと固い感じですね。食べたときの食感がザクッとしていていいですね。粉はあまり多くついていないので、周りに飛び散らず、それでいて味もしっかりとしています。単なるダジャレに終わらず、製造現場にも気概が感じられます。

IMG_9055.jpg

そんな、まずい棒はインターネットショップで購入可能です。15本600円、バラ売り50円です。気になる貴方、ぜひまずい棒を食べて銚子電鉄を応援しましょう!

https://choden-mazuibou.com


スポンサードリンク



nice!(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1