So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

するってぇと、何かい?のテクニック。 [日常]

スポンサードリンク




IMG_8085.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
今、質問を勉強しています。質問はその人自身を語ると言われています。確かに質問内容はする人の考えや欲求が如実に現れますよね。特に、講演やイベント、セミナーなどの質疑応答で質問をする時には、結構勇気がいりませんか?僕の場合は、オーディエンスを意識してしまうからなんです。

「おいおい、それさっき言ってたろ?」とか「そんなのググれよ!」、「それは関係ないだろ?」とか思われないかなーという不安です。まあ、思われても一時の恥なのでいいのですが、どうせならスマートな質問をビシッと決めたいです。回答者に「いい質問ですね」と言われると嬉しいですしね。

また、営業という仕事をしているとどうしても「質問」をする回数は多くなります。というか、質問=疑問=興味を持っていないと、営業という仕事は成り立たないとさえ思いますです。この辺は質問型営業の大家「青木毅先生」の著作やポッドキャストを聴いていただくに限りますが、質問というのはセンスではなく技術であり学べるものなので、身につけるより他ないと思うわけです。

聞き上手になると、様々なところで活躍できます。それこそ、聞くだけで「あの人は聞いてくれた、いい人だ」という評判さえ獲得できることもあるでしょう。特に、家庭内で活躍しますね、旦那さん、奥さんの話をもっと聴ければ、今よりもっと良い関係が築けるはずです。意外に聞けないんですよね、一番近くにいるパートナーの話って。僕の尊敬する方は、奥さんの話を聞くときはスマホを裏にしてテーブルに置くと言っていました。そう言った決め後をして実践できる人はすごいなあと思います。

質問力を高めて、相手の方から多くのことを引き出して、自分も相手もより大きな膨らみになれるように、一回一回の機会を大切にしたいです。







スポンサードリンク



nice!(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1