So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

この戦場で生き残るのには、運の他に何かが決定的に必要だ。 [日常]

スポンサードリンク




IMG_7871.PNG
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
PUBGをご存知ですか?正式名称は「プレイヤーアンノウンズバトルグラウンズ」。さながら深作 欣二監督、北野武さん主演の映画「バトルロワイヤル」の世界が体験できるオンラインサバイバルゲームです。韓国のゲーム会社が2017年にリースしてから今まで、世界中のプレイヤーが日々コロシアイに明け暮れています(過激な表現ですね…)。唯一のルールは、島や荒野のフィールドに集まった100名の参加者の中で、様々な武器を駆使して他者を倒して生き残ること。

勝利条件は1〜4人まで選ぶことができ、2人だとタッグ戦、3、4人はチーム戦とルールが変わります。最初は皆、手ぶらでフィールドに上空からパラシュートで降り立つのですが、最初の武器を手にするまでの焦り感が堪りません…。武器や防具は建物の中に落ちており、ハンドガンやアサルトライフルなど、変わったところではフライパンまで様々な種類のアイテムが入手できます。

アプリでも楽しむ事が出来、基本は無料でプレイ出来ますが、ゲーム内のアバターが着る洋服などは課金をすれば、クールなファションが選べるようになります。何も着ないと最初は下着だけですからね。女性キャラもブラとアンダーウェアだけなのでかなり恥ずかしいものがあります。もちろん課金せずとも、ゲーム内のミッションをクリアしたり、サバイバルで得た経験値やボーナスなどで、ゲットできることもあるのでご安心下さい。

IMG_7872.PNG

このゲームの醍醐味はチームを組んだ人と協力してサバイブするところなのかなと思います。チャット機能があるので、チームメンバー同士で会話をしながらゲームを進める事が可能です。助け合いやサポートをし合うことで有利にゲームを進める事が出来ます。イヤホンをしてプレイすると、敵=他プレイヤーの足音だったり、銃撃の音だったりの遠近がリアルで、近くにいる!とわかると「ドキッ!」としたりします。ヘッドマウントディスプレイで遊んだりしたらさらに没入感があるんでしょうね。

(ちょっと?)不道徳なゲームかもしれませんが、その自由度と緊張感は現実世界では体験し難いものです。車やボートを運転したりも出来ますよ。安全地帯というダメージを受けないフィールドがどんどん狭くなるので、序盤は逃げを選ぶプレイヤーが居たとしても、最終的には戦わざるを得なくなります。そういった、ゲームバランスがいいのも、人気の秘密だと思います。ハマりすぎは考えものですが、仲間とわちゃわちゃやるにはうってつけのゲームでは無いでしょうか。

●公式サイト




スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0