So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

いつかこの姿をを思い出してきっと泣いてしまう [涙活]

スポンサードリンク




IMG_6807.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
待望のZOZOスーツが我が家にやってきました。いやー、昨年の10月ぐらいにオーダーして、1月に到着の予定が5ヵ月ずれ込みましたね。それだけ、ギリギリまで開発を入念にしているということと、注文がたくさん入っているということでしょうね。期待の表れですよ。

ご存知の方も多いと思いますが、このスーツは自分のボディサイズ=全身がミリ単位で詳細に測れてしまう優れもの。スーツを着てスマホの前に立ち、音声ガイダンスに合せて360度回転して撮影したら採寸完了です。数十秒で自分のサイズがZOZOのデータベースに格納されます。ああ!奥さんにも知られてないのに!(笑)

そんな優れものsuitですが、途中でデザインが変わってましたね。最初は映画「トロン」に出てくるようなボディースーツで格好よかったのですが、変更デザインは、例えるならレモンスカッシュ。あの缶のヤツですね、黒にホワイトドットの。でも、このドットが特殊なマーカーで、採寸の妙技を担っているというから驚きです。すごいなあ。

この仕組みというか、マーカーをカメラで読み込んでの採寸方法は3億円で買った技術と何かの記事で読みました。つまり前澤社長=ZOZOは、自社の商品をより良く精密にする技術を開発せずに、もともと研究者が研究していた技術を発見して、購入して利用したということですよね。そういう目の付け所も尊敬です、早いですからねそのほうが。

しかもこのスーツがフリー(笑)。今後は3,000円かかるそうですが、今はフリー。オールフリーさすがZOZO。早速採寸したデータから、TシャツとGパンをオーダーしました。それぞれ、1200円、3,800円ととてもリーズナブル。さらにオックスフォードシャツは3,900円で購入できます。今後はスーツも出てくるとか。

採寸が精密なだけあって、Gパンは驚くほどぴったり!Tシャツは心なしかダボっとしているのですが、これは好みの問題なのかもしれません。そして一番驚きなのはオーダーから60時間で届いたこと。これ、1つ1つ生地の断截からやっていたらとてもじゃないけど、コストも時間もこんなものじゃ済まないですよ。

IMG_6842.jpg

IMG_6843.jpg

IMG_6844.jpg

どうなってんだZOZO、すごいなZOZO。この謎を知人が知っているそうなので、突撃インタビューに行きたいなと思っています。

●オーダーはこちら


スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0