So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

再生と破壊の両方を楽しめる木。 [涙活]

スポンサードリンク




IMG_5403.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
久々に積み木で遊びましたが、楽しい!子どもの創造力発達のためにと思って購入しましたが、肝心の子どもは「壊すこと」に夢中で、親が苦労して作った作品を「キャッキャッ」と崩して喜ぶ始末…。逆に自分は城っぽくしてみたり、航空機っぽくしてみたり、セオリー無視で斜めに積んでみたりと、自在に楽しんでいます。

積み木は「木に触れる」ので、触覚からも学びがある玩具ですよね。ヤスリでキレイに削られた滑らかな表面は、摘むだけで吸い付くような心地よさがあります。レゴも創造力をかき立てる玩具としていいのだろうけれど、やはり木の手触りは魅力ですね。同じ金額でレゴを買うなら、一つでも多くの積み木を買ってあげようと思います。

ひとつ積んでは親のため〜、と賽の河原ごっこもできますしね(笑)泣ける積み木を商品化したいですね。懐かしくて涙が溢れてくるような積み木。どんな要素だって感じですが、なんか歯形とかついているんですかね、そう言えば僕が通っていた幼稚園には、でっかい積み木が何個もありましたね。それらで壁を作ったりしましたね、あれと同じもの観たら、僕は泣けますね。

崩したときのスッキリも、涙の効果に似ているかもしれませんね。


スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0