So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

まずい棒を喰らってみた。 [涙活]

IMG_9054.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
銚子電鉄新名物、まずい棒をいただきました。銚子電鉄といえば、ぬれ煎餅がお土産として有名でしたが、ポストぬれ煎餅を狙う新プロダクトです。パッケージイラストはホラー漫画の巨匠、日野日出志先生。毎年夏時期に行われている銚子電鉄のイベント列車「お化け列車」の運行時期に合わせて発売されましたので、まさにうってつけのコンビだったというわけですね。

さて、このまずい棒。言わずもがなですが、やおきんさんのロングヒット商品「うまい棒」の逆張り商品です。ですが、味は美味しい(笑)まあ、そうじゃないと売れないですからね。まずいのは売らないと「銚子電鉄の経営状態がまずい」という自虐ネタからの採用ワードとのこと。転んでもただでは起きない、その心意気が素晴らしいですね、気概を感じます。

気になるお味は、コーンポタージュ。うまい棒にも数あるフレーバーの中でもなぜこの味を選んだのか、発案者の寺井広樹氏にインタビューしてみたいですが、普通に美味しいです。うまい棒より、ちょっと固い感じですね。食べたときの食感がザクッとしていていいですね。粉はあまり多くついていないので、周りに飛び散らず、それでいて味もしっかりとしています。単なるダジャレに終わらず、製造現場にも気概が感じられます。

IMG_9055.jpg

そんな、まずい棒はインターネットショップで購入可能です。15本600円、バラ売り50円です。気になる貴方、ぜひまずい棒を食べて銚子電鉄を応援しましょう!

https://choden-mazuibou.com
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

大口開けて、ウエルカムバーガー。 [日常]

IMG_8999.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
麴町のTHE BURGER SHOPのハンバーガーがまじで美味しいです。道路に面した側は抜けのいいガラス張りの壁面でお洒落な線画のイラストが描かれています。こじんまりとした店内には、これまたお洒落なスクエアテーブルが並んでおり、ハンバーガー屋にありがちな脂っぽさなど微塵も感じさせません。むしろ逆にこっちの額の脂が気になりましたよ。40男は辛いなあ。

素敵な店員さんが、最初にくれるのはセットになっている「野菜ジュース」。グリーンスムージーのような感じで、キウイと明日葉(?)の味が色濃く表現されていて美味です。口の中がスッキリするので、これからハンバーガー食べるぜ!という臨戦態勢に入れます。そうか、そういう儀式なのだな、あのジュースは。ちなみにオーダーしたのは、オーソドックスなハンバーガーセットです、千円也。

IMG_9001.jpg

運ばれきたのは、ワンプレート。バンズ、パティ、ポテトと、、、なんか野菜がシャーレみたいなのに乗っている…。なんですか?と店員さんに尋ねたら、自分で混ぜて挟む具材とのこと。なるほど。この一手間が味の最後の仕上げになるってやつですな。お客様と一緒に作りあげる味ということですな、この演出憎いぜ店長。ということで混ぜて、ケチャップと、マスタードをかけて完成。

IMG_9003.jpg

オイルペーパーに包んで至福の時間にトリップすることができました。とても美味しいのでオススメです。
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13217432/
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

涙の季節は、あの切ない香りがしている。 [涙活]

24839358217_af56625a84.jpg
photo credit: hannes-flo Numb via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
来週、立正佼成会さんにお呼ばれして教会にて涙活をさせていただきます。人が集まるところに涙あり。いいですね、急に肌寒くなってきましたし、心温まる話であったかーい涙を流していただきたいものです。泣きやすい気温ってあるんでしょうかね?コーヒーだったら湯温は60度、お茶だったら高温だと苦く渋みが出やすいみたいな。寒い方が違った意味で泣きたくなる気がしますがね。

さておき。自分のことを振り返ると、妙に秋は物寂しい気になりますね。前に当ブログでも書いたと思うのですが、この「金木犀」ですかね、なんかあの街のあちこちで嗅ぐ独特の匂いに由来しているように思えてならないです。なんというか、題を付けるなら「待ち人来ず」みたいな感じですね、あの匂いは。せつなく、そしてアンニュイな風に乗ってやってくるという。

そう考えると、涙活は秋がトップシーズンと言えるかもしれませんね。敬老の日や孫の日、いい夫婦の日なんかもありますし、相手のことを考えるイベントデイが多く用意されていてます。ぜひ、この機会に大切な人を思い出していただき、一緒に「泣ける映画」を鑑賞したあとに、プレゼントを渡すみたいな演出があっても良いですね。そんなときは、ぜひ思い出話の一つでも付け加えられたら素敵です。

秋の夜長を、誰とどう過ごしましょうか?
nice!(1) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -