So-net無料ブログ作成
検索選択

サービスなら泣語デイ! [涙活]

IMG_2006.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
昨日、流山のデイサービス樹楽での泣語が無事終了いたしました。スタッフの皆様、ご利用者の方々ありがとうございます。今回で4回目となったこのイベント。2ヶ月に1度のレギュラーとして継続させていただいており、嬉しい限りです。ご新規の方もいらっしゃいましたし、当日に施設利用の予定が入っていなかった利用者様も、「泣語があるならと…」ということでわざわざ、お越し下さり大変に有り難いことだなあと思います。その方の「え?落語と違うの?」という言葉は笑顔で聞き流し(笑)、お噺をさせていただきました。

今回も息子と二人羽織のステージ。「腹話術じゃありませんよ」の前振りからスタートです。2ヶ月前に比べて大分大きくなっているので、存在感で父は負けそうです。しかし発話ではまだまだ負けませんので、というかこれが負けてたら僕の体調がヤバいことの証、ダダダダダっとペースを掴もうと試みました。はじめのうちは良かったのですが、途中で息子がぐずりだし、更には時計のチャイムや電話などありとあらゆる共演者が登場(笑)僕の冷や汗だか、脂汗も最高潮になり、しどろもどろになりながらも何とか終演いたしました。

泣語は「開封メール」、落語は「鈴ケ森」が演目でしたが、後者は追いはぎを企む2人が出てくる噺なのですが、旅人に声をかけるの何度もやり過ごしましたね(笑)もう殆ど別の噺ですよ、やはり大切なのは練習練習ですね。はい。と言うことで「鈴ケ森」は好きな噺なので、きちんと形にするべくこれからも挑戦していきます。

●デイサービス樹楽 流山平和台
http://www.kiraku-ac.com/shisetsu/home/chiba/heiwadai.php
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

学生たちの熱に萌え、イヤ燃ゆ。 [涙活]

IMG_1847.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、日本工学院専門学校ミュージックカレッジのイベント「涙と歌の夕べ」の一席が無事に終了致しました。スタッフの皆様、ご来場のお客様、誠にありがとうございます。

このイベントは日本工学院専門学校の2年生が、実習として制作したイベントです。光栄にも出演オファーをいただいてから、何度かメールのやり取りをし、最終的にお会いしてお打ち合わせをしました。打ち合わせ時にはきちんと企画概要の説明書を持参しており、流石イベント企画コースの学生さんだけあって、段取りも細かく、押さえるとこもきちんと押さえていらっしゃいました。自分が学生の頃はこんなにできなかったわ…とホトホト感心しっぱなしでした。

企画ゴールは「涙を流してもらう」こと。2年生は主に就職活動によるストレス、1年生は環境変化によるストレスを解消して夏休みを迎えて欲しいという願いがあると話していたMさんとNさん。打ち合わせ時には「これで泣けますか?」と何度も確認をして、企画をよりよいものにしようとする熱意が伝わってきました。ともすれば娘ほども違う子たちの情熱にあてられ、「おじさん、やるっきゃナイト!」と一人気合いを何度入れ直したかわかりません。

僕の持ち時間は30分だったので、枠の組み立てをどうしようかと考えました。本来なら涙についての理解を深めてもらう「涙説」から入って、「泣語」をやって「落語」もと、右脳と左脳を揺さぶり続ける演出を仕掛けるのですが、30分だと少々心もとないなと思いました。そこで「笑い」は諦めて「涙」の一本勝負で挑みました。というか、勝負じゃないですけど。

IMG_5644-1.JPG

観客も自分とは20も違うほどの若者ばかり…。涙説には、「スラムダンク」「WANDS」などビーイング世代に鉄板のネタを盛り込むも年代を外し、ぽかんとしている若者たち、く、苦しい…、ようやく「ワンピース」で打ち解けたかと思いきや「子狐ヘレン」が登場して万事休す。舞台袖でグーグル先生に教わろうかと思いましたわ。それでも、彼らとの対話は楽しく存分に刺激を受けました。

泣語は渾身の一席ができたかなと思っております。もちろん、泣語を聞いたことがあるお客様は「0」。落語ですら行ったことがない方々ばかりで、もの凄いアウェーの洗礼!と最初は思いましたが、噺が始まればそんなことはなく熱心に聞いてくださり、涙ぐむ子もいたり、ああ、よかったな間違ってなかったなと感謝感謝の一幕となりました。その後、泣語家になりたいです!という弟子志願が楽屋に、来るというマジックは起きなかったです、ええ。リアリティ!レモンティ!クロマティー!

歌は、「金子文香さん」というアーティストがミニライブで登場。金子さんの歌声はとても雰囲気があり、心にとても染み入りました。楽屋でも少しお話させていただき、是非ライブがあったら行きたいなと思いました。ハッピーバースデートゥーYOU!いい曲だったわ〜。

学生が作るイベントへのゲスト参加。僕にとっても初めての経験を通してまだまだ、ワクワクする舞台はあるなあと胸を躍らせる結末となりました。貴重な機会をいただき誠にありがとうございます。

IMG_5651.JPG
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

お寺で学ぶエトセトナク語。 [涙活]

IMG_1504.JPG
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、某お寺でのお盆の法要泣語が無事終了いたしました。ご参列くださった方々誠にありがとうございます。

お寺という空間で行う泣語はいつもながら緊張感があります。それは、本来仏事のために集まっている方々に対し僧侶がいる中で、単なる小僧の手習いである噺家風情が何を伝えることができるのかという所です。もちろんお説教ができるわけでもないし、生きることを説くなどできるはずもない。ただ、涙を流してストレス解消をと話す自分はある意味滑稽であり、「浅いな…」と思うわけでありました。やはり信心や信念などには叶うはずも無く、僕の後の僧侶先生の話に皆の耳目が集まるわけでございます。僕も勉強させていただきました。

そんな中、何回も続けているおかげか「泣語、聞いたことあるよ」という門徒さんが増えていたのは嬉しかったですね。やはりリピーターは大事です。それと共にリピーターがいるからこそプレッシャーを感じながら芸を磨いていかないとならないと思えるわけでございます。僧侶先生は言いました。死ぬこととはなんですか?それは忘れ去られることです。だからこうしてお盆を通して、縁者が集まれたこと、故人はこの出逢いを亡くなった後でさえ私たちの為にこさえてくれています、と。肉体は亡くなっても、私たちの間でその方の話題がのぼる限り、故人は尚も生き続けているのですと。

確かに、その通りだと思いました。

誰しも忘れ去られるのは寂しいもの。そして、声をかけられれば嬉しいものです。今その方が生きているならなおさら。日々は忙しいかもしれませんが、折を見てご機嫌伺いをすることが、何よりの愛情表現であります。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行