So-net無料ブログ作成
検索選択

このコラボ、甘い×しょっぱい=涙。 [涙活]

IMG_9562.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
このフットワークなんですよね、やっぱりいいなあ。このブランドマネージャーに是非お会いしたいですね。キティちゃんとキューピーと、ブラックサンダーですよ、モンナミ。

今度は柿の種サンダーですよ。あましょっぱい最高ですね。
一緒に仕事させていただきたいです。宜しくお願い致します。


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

夜泣きは、ネタになるか。 [涙活]

IMG_9422.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、息子の1/2バースデーをお祝いしました。そういった習慣があるのですね、知りませんでした。ケーキ屋さんの戦略ではなかろうかと、でもまあ、お祝い事が増えるのはいいことですね。

子どもの成長と言うのは早い者で、気がつけば、お座りして、寝返りができるようになり、そして「夜泣き」が始まりました…。トントントンと体を小刻みに叩きながら、一緒に床に入り、「側にいるよ安心してお休み」アピールをするのですが、中々寝ない。1時間半ばっちり目を開けてウダウダやったあげくに泣くと。もう、こっちはやりたいこともできず、寝ることもできず只只、寝不足の極みです。。。

これもまあ、親になるための試練と思い、クリアしていかないといけないことですね、おそらく。寝る前の儀式としては、絵本1冊と365日の童話を1話読んで聞かせています。活字好きで、自分でも物語を作れるぐらいの子になって欲しいなと思います。あ、夜泣きで泣語作ってみようかしらん。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

カンヌを目指す、俳優とスタッフの物語。 [日常]

32669528555_82dbe14a88.jpg
photo credit: thierry llansades Corniche de l' Esterel, Agay plage via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
俳優の山田孝之さんが映画のプロデューサーとして、カンヌ国際映画祭パルムドール獲得を目指すテレビドラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」を毎週楽しみにしています。

毎週、金曜日の夜中0:52~1:23。フェイクドキュメンタリーというジャンルのドラマなので、さも自然な風景のようにストーリーが撮られています。ドキュメンタリー風(ふう)なんです。実際にカンヌに取材に出かけて、事務局にヒアリングしたり、「殯の森」で2007年にカンヌで審査員特別大賞「グランプリ」を受賞した河瀬直美監督にカンヌに出品する映画作りを聞きに行ったり、とにかく真剣にやっている姿が眩しいです。

そして、そんなストーリー展開の中で主役の山田孝之さんの、ワンマンっぷりに振り回される監督をはじめとするスタッフの戸惑いがおかし味を誘います。山田さんの苦悩、焦り、怒り、こだわり。それに答えようとするスタッフ、理解しようとするスタッフ、右往左往するスタッフ、そして降板するゲストたち(笑)。

首つりのお父さん役に抜擢されて、首くくりの練習をしてきた村上淳さんも2回でドラマから姿を消しました。ナレーションで初回から出ていた長澤まさみさん。遂に前々回登場したのですが、、、前回、ヌードがあるということでそのシーンの必然性に疑問を感じ、降板。ラストシーンでは、出演を渋っていた長澤さんに、山田さんがLINE聞いて「LINEやってません」と言われてましたよ、凄く自然でいいシーンでしたね。

とうとう、次回は主演として山田組を支えていた芦田愛菜さんが「ある決断」をする回のようです。芦田さん、12歳でとても大きくなったなあという印象です。可愛らしいですね。

フェイクドキュメンタリーの手法のドラマ。どんな結末が待っているのか。というか、クランクインまであと数日!って本当にそう思えてくるから、やっぱり熱のある内容なんだなと思います。

●公式HPはこちら
nice!(0) 
共通テーマ:旅行