So-net無料ブログ作成

気取らず飾らず、素材を愉しむレストラン。 [涙活]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、武蔵野線は市川大野駅から徒歩15分程にあるナチュラルメニューレストラン「自然の食卓」に行って参りました。なんとな〜く、体にいいものを取り入れたい、しかも外食で。と言うリクエストしてたどり着いたお店です。光の良く射し込む店内には、テラスがあり、四季の花や草木が出迎えてくれます。とても明るい印象で、静かなレストランです。

オーダーしたのは本日のランチコース2,100円也。この日は、蕪の冷製スープにサラダ。玄米パンにミルクロール、肉料理は牛肉のパティ、最後はシフォンケーキにコーヒーです。一品一品手作りなので、パッパと出てくるわけではないのですが、その時間が逆にお喋りを楽しめたり、ゆったりと心地良い演出になってくれます。

IMG_5760.jpg

IMG_5761.jpg

IMG_5765.jpg

IMG_5766.jpg

自然の食卓と語るだけあって、よい素材を利用しているのが伺えるのですが、いかんせん若干の味付けは薄いかな・・・と言う気がしました。まあ、コレは好みがありますからね。でも、食べて良い気持ちになりますし、何より、この空間全体でのリラックス感がすばらしいので、ぜひお近くにお越しの際には、お立ち寄りいただきたいスポットです。

サイトはこちら
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

陽気な国の、妖艶なお菓子さ。 [涙活]

IMG_5828.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
最近、リスのごとくクルミを食べています。アメリカ産のクルミをアマゾンで1kg頼んで、毎日50gぐらいずつ食べてます。おいしいですね〜。豊潤な木のみの旨みの他にも、体に良いオメガ3脂肪酸をはじめとして、ビタミン、ミネラル、タンパク質、食物繊維が豊富に詰まっていて、まさにスーパーフードです。

ただ、このスター選手のクルミさんに、一つだけ物申すとすれば、食感ですかね。アーモンドのようなカリッとした感覚がなく、どちらかといえばグニャみたいな。やっぱり、歯ごたえと言うものが欲しくなるのですよ人生には。

そんな時は、ビスコッティ。
ビスコッティは「二度焼いた」と言う意味のイタリアの郷土菓子。じんわり堅めのクッキーを想像していただけるといいでしょうか。あんまり日本人には馴染みが薄いかもしれませんが、よく見るとローソンとかコンビニでも売ってます。で、僕が大好きなのが、新松戸に居を構えるECサイトのビナーシェ 。

ドゥオーモーと言うんでしたっけ?あの特長的なとんがり建築のロゴマークがおしゃれなビスコッティ専門店です。超うまいです。お世辞抜きで。僕はいつも袋を開けるとき、覚悟をしてあけています。なぜか?それは、食べる手が止まらないからです・・・。一度開けたらSaigo、TTS!(食べ尽くす)食感がとてもよく、カリッと言うよりコリッという方がしっくりきます。

甘過ぎず、淡泊過ぎず。口一杯にひろがる豊かな味わいは、心をイタリアーノーにトリップさせてくれます。コーヒーや紅茶と一緒に食べればパラダイス。ぜひお試しあれ!

サイトはこちら
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

新しい百貨店はよりどり小躍り。 [涙活]

IMG_5852.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、第一回正太郎百貨店に行って参りました。え?それ何?三越?MATSUYA?どこにあるの?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、デパートではございません。落語家の春風亭正太郎さんの落語会です。

正太郎さんは、春風亭正朝師匠のお弟子さんで、新進気鋭の二つ目。最近では、NHKの深夜番組さだまさしさんの生さだにご出演されたり、NHKラジオの第一放送のすっぴん!のひざウチ!ふにオチ!コーナを新たにご担当されて、メディアでのご活躍も増えていらっしゃいます。

・すっぴん!はこちら

2009年に二つ目にご昇進された正太郎さんは、この度、真打ち昇進を見据えて、3ヶ月に一度の正太郎百貨店の定期開催を計画されたそうです。百貨店といえば、デパートですので、それはもう、色々な商品が集まるわけでございます。もちろんこの場合、落語が商品ですから、正太郎さんの様々な根多が楽しめる会になっております。

栄えある第一回のラインナップは、狸の礼、そば清、宿屋の仇討。前座の柳家あお馬さんは、やかんを披露していました。ベタな感想で恐縮ですでが、最高でした!貍の礼では、動物を演じる時の人間との仕草や台詞の言い方の違い、そば清では、そば、うどん、きしめんのすすり方のレパートリー、そして宿屋の仇討では、江戸っ子のはしゃぎっぷりと侍の怒りっぷり、勉強になるやらおかしいやらで、我を忘れたあっという間の2時間でした。

こんな百貨店だったら足しげく通いたいです。

・春風亭正太郎さんのサイトはこちら
nice!(0) 
共通テーマ:旅行