So-net無料ブログ作成

新しい涙の幕開け!10代の歌姫と涙活PV! [涙活]

IMG_2291.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、浅草のパンダカフェでのママ涙活が無事終了いたしました。ご参加くださった方々どうもありがとうございます。小さな子どもがいるママを対象とした今回の涙活。メインコンテンツはソニーミュージック所属の當山みれいさんのミニライブでした。當山さんはアメリカデビューが日本より早いグローバルシンガー。中学2年生の時に渡米しニューヨークに1年間留学、ゴスペルシンガーとして活躍後、アメリカで自身が作曲した「TATTOO」でシングルデビュー。その後日本でメジャーデビューを果たした異色の経歴の持ち主です。しかもまだ19歳!これからますます楽しみな若手アーティストです。

今回なぜこのミニライブが実現したかというと、當山さんのニューシングルと涙活がミュージックビデオでコラボレーションしたからなのです。赤井監督制作の「明日への約束」が當山さんの「Missing You」に起用されました。いやあ、このマッチング、感慨深いですね。映像単体で見ても泣けましたが、當山さんの歌声に重なることで、また違った魅力が現れたと感じました。まだ10代なのに、切ないよ、すごく切ない声出しはりますよ當山さん!彼女のヴォイスに主演のヒナちゃんの表情がまた一段と引き立っていました。

この日は、監督の他、撮影関係者がちょこっと登壇してトーク。僕も音声兼父親役兼制作ADと何役だ!(笑)というのはあるのですが、とにかく久々のメンバー再会にわちゃわちゃと楽しくさせて頂きました。ライブの後はサイン会を実施した當山さん。僕もCDにしっかりサインをいただき、大満足です。「Missing You」、小さいお子さんがいるママさんは特に是非チェックして欲しい楽曲です。

IMG_2322.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:旅行

画面を通して、涙をどれだけ共有できるのか。 [涙活]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、無事ニコ生の出演が終了いたしました。サトウキビさんをはじめお世話になった方々誠にありがとうございます。ニコニコ生放送は今までそれほど見たことは無かったのですが、多種多様な配信者さんたちの熱量に触れて「ああ、ここにもとんがったフィールドがあるぶぁい」と、御坊茶魔ばりに感心しきりでした。

生放送ということで、もちろんながら編集は効かず…。本番前は一応の台本が渡され、出演者全員で簡単な流れの確認とリハーサルです。しかし、寺井Pは全くコメントをしゃべらない(笑)流石です、本番まで温存とのこと。僕もそれに習い、一言二言合いの手と、ラストの泣語のシーンのマクラ部分をチェックしていただき、いざ本番へ。

IMG_2211.jpg
本番中は、モニターで視聴者さんの書き込むコメントがリアルタイムで見られるのですが、正直見る余裕はありませんでした(笑)スピード的にも、精神的にも。司会者の高田健志さんをはじめNERさん、一ノ瀬あきなさん、サトウキビさん等、他の出演者さんたちは要領よくコメントに突っ込んだり、コメントに被せた返しをしたりと場慣れ感がハンパなかったです。僕はなんかルールがわからない中で、スポーツをやっているような気分でした。

IMG_2212.JPG

肝心の泣語については、渾身の一撃(?)を披露できたかなと思いましたが、コメントはいろいろといただいたそうで、画面を通して人の心を動かすのは大いなる課題だと思った次第です。1対1よりも、1対多数となるのがWEBの世界。どれだけ大多数の人に刺さるコンテンツが提供できるのか。意識しながら取り組んで行こうと思いました。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

泣くって語呂合わせの記念日が作りやすいですね。 [涙活]

IMG_1520.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日7月9日の「泣くの日」に、木根尚登さんが登場する涙活イベントが行われました。僕は今回は泣語の出番は無く、映像&ライティングオペレーターでした。

このイベントは寺井涙活プロデューサーと木根尚登さんの共著絵本<「おに」と名づけられた、ぼく>の出版記念として開催され、イケメソ宅急便のヨッシーさんによる泣ける話、木根さんによる朗読とミニライブが行われました。

木根さんと涙活とのコラボイベントは今回で2回目です。木根さんは3曲熱唱してくださったのですが、いずれも一曲当千、感涙必至の旋律でした。もちろんですが、素敵なメロディーを描かれる方だなと改めて思いました。


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

お口にメテオ、涙のハイタワー! [涙活]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、吉祥寺を訪れた時にふらりと立ち寄ったお店で涙が出る程の衝撃に遭遇…。

これです。
IMG_1834.jpg

吉祥寺どんぶりのからあげどんぶり。690円。後で調べてみたら大盛り系のお店で有名みたいですね。唐揚げがとにかくガッツリ4個連なっていてまさにビッグ・ザ・マウンテン20cm。お互いがお互いを支えている友情パワーを見せつけてくれます。

もちろんこぼさずに食べるのは至難の業なので、別途どんぶりが配給されます。そちらに移して食べろとのことです。タルタルもしっかりかかっていて大満足のこの逸品。ペース配分を間違えるとご飯が残るのはご愛嬌と言う所でしょうか。

久々に度肝を抜かれた涙体験、
吉祥寺をご訪問の際には、是非お試しください。味も美味しいです。

●吉祥寺どんぶり
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-3 三河屋ビル 1F
営業時間:10:30~26:00
定休日:無休
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

サービスなら泣語デイ! [涙活]

IMG_2006.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
昨日、流山のデイサービス樹楽での泣語が無事終了いたしました。スタッフの皆様、ご利用者の方々ありがとうございます。今回で4回目となったこのイベント。2ヶ月に1度のレギュラーとして継続させていただいており、嬉しい限りです。ご新規の方もいらっしゃいましたし、当日に施設利用の予定が入っていなかった利用者様も、「泣語があるならと…」ということでわざわざ、お越し下さり大変に有り難いことだなあと思います。その方の「え?落語と違うの?」という言葉は笑顔で聞き流し(笑)、お噺をさせていただきました。

今回も息子と二人羽織のステージ。「腹話術じゃありませんよ」の前振りからスタートです。2ヶ月前に比べて大分大きくなっているので、存在感で父は負けそうです。しかし発話ではまだまだ負けませんので、というかこれが負けてたら僕の体調がヤバいことの証、ダダダダダっとペースを掴もうと試みました。はじめのうちは良かったのですが、途中で息子がぐずりだし、更には時計のチャイムや電話などありとあらゆる共演者が登場(笑)僕の冷や汗だか、脂汗も最高潮になり、しどろもどろになりながらも何とか終演いたしました。

泣語は「開封メール」、落語は「鈴ケ森」が演目でしたが、後者は追いはぎを企む2人が出てくる噺なのですが、旅人に声をかけるの何度もやり過ごしましたね(笑)もう殆ど別の噺ですよ、やはり大切なのは練習練習ですね。はい。と言うことで「鈴ケ森」は好きな噺なので、きちんと形にするべくこれからも挑戦していきます。

●デイサービス樹楽 流山平和台
http://www.kiraku-ac.com/shisetsu/home/chiba/heiwadai.php
nice!(1) 
共通テーマ:旅行