So-net無料ブログ作成
検索選択

22年目の告白を、観た後に読んでみて。 [日常]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、「22年目の告白−私が殺人犯です−」浜口倫太郎氏著を読了いたしました。映画観賞後、そのままハシゴで読みふけったこの小説。軽快なテンポの文体なので、グイグイと読み進めることができました。台詞も映画と同じものが多く、原作本というよりは脚本という感じですね。小説の発売時期も映画の2ヶ月前なので同時期に制作開始だったのかと推測します。

作中の登場人物は映画、小説共々同じでありながら、映画ではその時間の関係上ライトな描かれ方しかしていなかった「編集者」が、小説では物語の中心に据えられていたのは良かったですね。報道とか表現の自由と倫理観との葛藤とか人に焦点が当たっていて考えさせられました。もう一人の主人公である「牧村刑事」の苦悩やあの寡黙な人柄というか、その内に秘めた復讐心を魅せるという面では、映画の伊藤英明さんの演技の方が伝わりましたね。あれは本当に彼の新境地なのではないでしょうか。

それと、小説中では40代半ばという設定だった「曾根崎」は、映画での藤原竜也さんとの年齢のギャップがありましたね。小説を読み進めて曾根崎が出てくる度に、頭の中で藤原さんの姿が思い浮かべられないのですよ、どうしても。彼は40代に見えない(笑)。長谷川博己さんとかだったら、年齢的にはよかったんじゃないでしょうか。

ラストシーンの違いも際立っていましたね。映画はちょっと無理があると思えるラストなんですよね、個人的に。あそこで、あの人たちは「ああいう行動」をとるだろうか?というところなんですよ。普通なら絶対にそうはしないだろうと。

と、色々思う所が出てきて、見終わった、読み終わった後もこうして楽しめています。それもこれもこの作品が面白かったからという評価に他なりませんよ。韓国の原作映画の方も是非見てみようと思います。


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

落語に学ぶ話し方の番組、ありです。 [日常]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
NHKまる得マガジンの落語でつかむ話し方の極意を見ています。先日再放送がありまして、全部で八席。まだ2つしか見ていませんが、勉強になります。5分間でポイントだけさっとわかる。いいですねぇ。

講師に登場するのは立川流二つ目の立川こはるさん。短髪の風貌から男性かと思ったのですが、失礼しました…。れきっとした女性落語家でした。他の記事で読んだのですが、女性が中々認められない世界に入るのだからと、入門の際に男性のような短髪にしたそうですね。東京農大大学院中退という学歴も凄いです、落語にかける気合いが違う。

さてそんなこはるさんが伝授してくれるテーマは下記。認知科学の学者の野村亮太先生が脇を固めます。

・一席目 自分の声を知る
・二席目 聞き手との接点を見つける
・三席目 印象に残る話し方
・四席目 見え方をコントロールする
・五席目 失敗談で笑いを取る
・六席目 会話口調でドラマにする
・七席目 話の流れの中に「間」をつくる
・八席目 聞き手を感じ取る

一席目のメモは「一番遠くの観客の頭の上に声が届くように意識して発生する」。
二席目のメモは「自分の紹介をチャンク(塊)ごとに分類して話す」。

です。何気ない会話から使っていけそうなので、すぐに実践して行きます。

●WEBサイトはこちら
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

柏の街に、新しいベルが鳴る。 [日常]

IMG_0246.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
惜しまれつつも、今年1月末に閉店を迎えた柏の老舗フレンチ「クイーンベル」。僕もお気に入りのお店で、よく記念日にお世話になっていました。特に「子牛のワイン煮パイ包み」が絶品なんですよ。

そんな素敵なクイーンベルさん、満を持して第二章が5月1日よりスタートいたします。ワーワーパフパフ〜♫これは女房を質に入れてでもいかなアカンですね、いや怒られるわ!質入れなくても行きますわ!

新住所は「柏市柏3-6-16 2F」カレーのボンベイの2F。以前の店舗からちょっと柏神社の方面に足を伸ばした感じになりますね。雑踏からも遠ざかっていい雰囲気のロケーションじゃないでしょうか。店主は変わらず堀江健二シェフなので、以前のクイーンベルの味そのままに、リフレッシュした環境でまたあの料理が楽しめるなんて最高ですよ。

普段使いにも、とっておきの記念日にも素晴らしく「対応力」のあるお店だなあとホトホト感心してしまいます。ホールを仕切る奥様の軽妙なトークもラブリー。韓流にハマってたり、ワンオクロックの熱烈ファンだったりで、トークは料理と同じぐらいアツイですよ(笑)。

契約農家さんから仕入れている野菜も絶品ですね、前菜として登場するアレですね。あと、自家製のフォッカチオですね、塩加減が絶妙でやばし!ですよ。デザートもね飴細工のドームが凝ってたりしてですね、目でも楽しませてくれるんですよ。あ〜、もう話しだしたら食べたくなって来た、よだれズビィィ!

というわけで、柏の老舗フレンチの第二章、大いに期待しております。

●フェイスブックページはこちら
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

転生したらの漫画が面白い! [日常]

3835262004_5398b3782c.jpg
photo credit: e-jump GACC09 Day2 69 via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
後編が待ち遠しい漫画があります、タイトルは「DRAGONBALL外伝 転生したらヤムチャだった件」です。

少年ジャンプ+で無料で公開されているこのスピンオフ漫画は、ドラゴン画廊・リー先生とあの鳥山明先生がタッグを組んで描いているいわば公式の外伝。さわりをお話すると、普通の高校生活を送っていたドラゴンボール好きな青年がひょんなことから、ドラゴンボールの世界のしかもヤムチャに転生してしまい、摩訶不思議アドベンチャーワールドを生き抜くお話です。

ヤムチャと言えば、ドラゴンボールの登場キャラクターの中でも、初期から登場しラストまで脇を固める名バイプレイヤーです。その闘いっぷりは多くの少年たちに勇気を与えたことと思います(笑)。そして、ヤムチャと言えば必ず出てくるのがあの名シーン「俺にやらせてくれ。こらでお遊びはいいかげんにしろってとこを見せてやりたい」。いいですね〜ビッグマウス。サイヤ人が来襲してのサイバイマン戦ですね、懐かしい。

その2匹目のサイバイマンがね、あっとね、くるわけですがそこは「史実」を知っている高校生が転生した新生ヤムチャ。そう、「ならではの」対応が面白いんですよ本当に。ぜひ、本編を読んでから外伝を読んで欲しいですね。というか、本編知らなかったらそこまで面白くないです(笑)。ということで、後編も凄く気になるこの漫画。もしかして、ナッパ、ベジータも!?続きが気になって仕方が無いです。

https://shonenjumpplus.com/episode/10833497643049550354
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

カンヌを目指す、俳優とスタッフの物語。 [日常]

32669528555_82dbe14a88.jpg
photo credit: thierry llansades Corniche de l' Esterel, Agay plage via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
俳優の山田孝之さんが映画のプロデューサーとして、カンヌ国際映画祭パルムドール獲得を目指すテレビドラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」を毎週楽しみにしています。

毎週、金曜日の夜中0:52~1:23。フェイクドキュメンタリーというジャンルのドラマなので、さも自然な風景のようにストーリーが撮られています。ドキュメンタリー風(ふう)なんです。実際にカンヌに取材に出かけて、事務局にヒアリングしたり、「殯の森」で2007年にカンヌで審査員特別大賞「グランプリ」を受賞した河瀬直美監督にカンヌに出品する映画作りを聞きに行ったり、とにかく真剣にやっている姿が眩しいです。

そして、そんなストーリー展開の中で主役の山田孝之さんの、ワンマンっぷりに振り回される監督をはじめとするスタッフの戸惑いがおかし味を誘います。山田さんの苦悩、焦り、怒り、こだわり。それに答えようとするスタッフ、理解しようとするスタッフ、右往左往するスタッフ、そして降板するゲストたち(笑)。

首つりのお父さん役に抜擢されて、首くくりの練習をしてきた村上淳さんも2回でドラマから姿を消しました。ナレーションで初回から出ていた長澤まさみさん。遂に前々回登場したのですが、、、前回、ヌードがあるということでそのシーンの必然性に疑問を感じ、降板。ラストシーンでは、出演を渋っていた長澤さんに、山田さんがLINE聞いて「LINEやってません」と言われてましたよ、凄く自然でいいシーンでしたね。

とうとう、次回は主演として山田組を支えていた芦田愛菜さんが「ある決断」をする回のようです。芦田さん、12歳でとても大きくなったなあという印象です。可愛らしいですね。

フェイクドキュメンタリーの手法のドラマ。どんな結末が待っているのか。というか、クランクインまであと数日!って本当にそう思えてくるから、やっぱり熱のある内容なんだなと思います。

●公式HPはこちら
nice!(0) 
共通テーマ:旅行