So-net無料ブログ作成

泣けるゲームは見つかるだろうか。 [涙活]

IMG_4531.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日ニューファミコンを買いました。スーパー?ではないですよ、ニューです。クラシックミニでもないですよ。耳慣れない言葉かもしれませんが、1993年に発売されたRFスイッチ接続がAV端子仕様に変更になったファミコンです。2コントローラーのマイクが廃止され、デザインもグレーの未来観を感じるハードです。元々ゲーム好きなので、本来ならPS4などを買って…と思うのですが、もう駄目ですね。説明書を読む事が面倒くさい(笑)。ルールや操作を覚えるのが嫌なお年頃になってきました。

そこへいくと、レトロゲームは最高です。まず、操作が簡単(笑)。ボタンもスタート・セレクト除いたらAとBの二つのみ。大体のことは想像できます。まあ、いまソフトを買っても説明書はまずついてないですからね。自分で想像するしかない、ゲームの目的とかも。とはいえ、ネットの世界と言うのはまあ何でもござれで、大抵のゲームの説明や攻略ネタはWEBサイトに転がっています。こういうところ、便利だなと思う反面、類推する楽しさというのが失われてしまったなと寂しくも感じます。まあ観なきゃいいのですが。

IMG_4530.jpg

僕が購入したマシンには、オマケでゲームが2つついていました。「ファミスタ93」と「さんまの名探偵」です。どちらも言わずもがなの名作ですね。「後者は迷作!」という方もいそうですがね、知名度は抜群ですよ。ファミスタは4番が「はら」でしたからね、ちょっと感動ですね、さすがに「くろまて」はいなかったです。さてさて、ハードを手に入れたことで当時は購入する事ができなかったゲームの数々を大人買いしてしまいます。だって、とても安いお値段になっているのですもの!

ツインビーや魔神英雄伝ワタル、影の伝説にコンボイの謎これがあのお値段で!と言うものから、逆にプレミアがついているゲームもあったりして、その辺のジャッジがニクいねえと思ったり思わなかったり。ピコピコ8bitの音楽と動きの世界に入ると、なんとも言えぬ安心感と郷愁を感じるのは僕だけではないはずです。世界が三丁目の夕日に見えてきます。いや、そこまでは戻り過ぎか。まだ、泣けるゲームは掘り起こせてないのですが、ぜひゲームをしながら落涙してみたいです。

オススメの泣けるゲームを知っている方、是非教えてくださいませ。

nice!(1)