So-net無料ブログ作成

一を聴いて、柔を知る。 [涙活]

IMG_4893.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
週末に春風亭一之輔師匠の高座に行って参りました。昨年の赤坂ホールから久々の拝聴、やっぱり最高ですね!師匠の地元野田での公演ということで、いつもはゆる〜い感じの師匠も、心無しかピリリとしている風にも見えない事もない感じでした、2割増しぐらい(笑)。しかもこの日がちょうど40歳のバースデーということで、ホールの中央辺りにはファンの方がプラカードを一文字ずつ挙げて「おたんじょうびおめでとう!」とサプライズ演出までありましたよ。横並びで10列ぐらい確保するのは大変だったでしょうに、すごいですね。愛されているなあ。

師匠のネタは、夢が夢を呼ぶ夢オチの「天狗裁き」と火消しになって勘当された息子が戻る人情噺の「火事息子」。どちらも聞くのは初めてで、面白かったです。特に前者の方は、人払いをした後の「お代官」の変わり用は必見で、あの甘えとおねだり感がないまぜになった柔らかい表情はおかしくてたまらないです。豊かな表情をする方だなあ。登場人物が多いので、演じ分けの所作もとても勉強になります。春風亭正太郎先生にも言われましたが、おかみさんを演じる時は「女性っぽく手前で手を組む」これですね。しっかりと台詞ごとにこの動作を加えられるかどうか。こういったところが大切なのだと、一之輔師匠は当然ながらそうしているわけですが、この事に着眼しながら観賞するのもまた、楽しい見方です。

次の公演はいつチケットとれるかなあ。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

ママのための我孫子市生涯学習出前講座、完遂。 [涙活]

IMG_4703.JPG
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、我孫子市の市民講座の授業が終わりました。ご参加の皆様、誠にありがとうございます。頼んでくださった団体は、小学校2年生のお子さんを持つママさんサークル。元々PTAでの集まりで結集して勉強会をしていたのだけれど、その学校のイベントが終了した後も独自で活動されているという、とても熱心な団体でした。

出張出前講座という名前の通り、呼ばれたらどこへでも行くのがこの講座の特長であいいところ。僕は手賀沼沿いの施設「アビスタ第二学習室」で一席担当させていただきました。率直な感想は、「ママさんは涙を必要としている!!」ということ。恒例の「最近いつ泣きました?」という問いかけに、半年以上泣いていない方が3人ほど存在…。やっぱり忙しくてそれどころではないのかしらん。

涙の授業の合間に3席泣語を挟むプログラムでしたが、涙を見せてくれたママもチラホラと見かけられとても嬉しかったです。印象深かったのは、あるママさんの最近泣いたエピソードで「体育祭で自分の子どもの前の競技で、全く知らない子が頑張っているのを見て涙が出た」と言うのがありました。「自分の子どもじゃないんだ!?」というツッコミは散々あるのですが、それでもわかる気がします、何かしらご自身の経験やその子の中に我が子をみたりと、琴線が触れる場面だったのでしょう。

僕が良くお伝えするのが「共感力」で、涙を流す人は圧倒的にこの力が強いです。そして、この力こそ、人生をより豊かに生きるための重要なファクターであると思っています。共感力が高ければ、日常のあらゆることに素通りすることなく、感謝、感激、感動できる。それはすなわち、自分の人生を主体的に生きている。様々なことに首を突っ込み、心を動かす。これこそ生きている事の醍醐味です。

この授業では、各人の「泣きのツボ」探しも行いましたが、見つかったママさんは、是非ご自分のツボに合わせた映画作品で一人涙活を実践して欲しいですね。週末、晩ご飯の片付けも終わって、子どもも寝かしつけたらシメたもの。部屋の明るさを落として、アロマを炊いて、バナナジュースを片手に、泣ける映画のひとときを。

次回も武者小路実篤や志賀直哉も愛した街、我孫子のいろんな方に会えるのを楽しみにしています。
http://www.city.abiko.chiba.jp/kosodate/manabi_shogai/demaekouza/shiminkoushi.files/H29_17.pdf
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

幸せを探す旅へ。 [日常]

IMG_3908.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
清水ハン栄治氏著の「ハッピークエスト」を読みました。この本は、幸せになる「方法」が書かれた魔法の書です。と聞くと、怪しげな宗教…と思うなかれ、最近ノイズの高い、マインドフルネスやレジリエンスなど、心と悩と人生を豊かにするスキルが実践的に詰まった一冊です。

著者は地球を2周半したメディアプロデューサー。いやそれ以外にも様々な肩書きを持つ、何者か。この本で教えてくれる「実践」は、やる価値があるもののように思えた。押し流されるように情報の洪水に埋もれる毎日から、対岸に身を置かせてくれるような気になりました。

●Who are you?

思いつく順に素早くメモする。書きまくって、最後の質問。

●What are you here for?

僕たちは自分が思っているほど、自分の事をわかっていない事の方が多いみたいだ。

nice!(0) 
共通テーマ:旅行

度肝を喰らう、とはこの本だ。 [日常]

IMG_4744.JPG
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
本宮ひろ志先生の「天地を喰らう」全4巻を購入しました。今、2巻目です。この作品は、横山光輝「三国志」と並んで有名な漫画と思います。僕と「天地を喰らう」の出逢いは、友人のJがやっていたファミコンのRPGでした。劉備が主人公のこのRPGはドラクエ型のお使いRPGで、困っている街を劉備一行が助けるというスタイルです。HPが兵士の数で、魔法が計略という斬新なもので、良く出来たゲームだったと思います。

その後、ゲーセンで「敵将、程遠志討ち取ったりぃぃぃ、WRYYYYY!」的なカプコンの横スクロールゲームや、ファイナルファイトまがいのアクションゲームもハマりました。特にこのアーケードゲームの天地を喰らう2は、五虎将軍が主人公なのに馬超の代わりに「魏延」が入っていたり、突っ込みどころ満載なのですが、燃えましたね。いい思い出です。と、今の説明でわかるように「天地を喰らう」は幼少期・青年期の僕にとっては、ゲームでしかなかったんですね。

ところが、本があった(笑)ということで、買わずにはいられないホトトギスで購入しました。ようやくですね。元は「本」だと思うので、本家に戻った感じです。そして、1巻見て驚き(笑)妖魔が出とる…。何か、熱い武将の物語や立身出世者では無くて、全く新しい物語に様変わりしていました。龍に乗ってますからね孔明とか。天界の話が地上界に関わってくるみたいな話で、まあちょっとその辺の幻魔のくだりとか、くどくない?とか思うのですが劉備が特別な人になっていく過程とかはよくわかりました。

まだ2巻目なので、期待を込めて読み進んでいこうと思います。史実や歴史に基づいた英雄譚を期待している方がいたら、「え?」となると思いますが、食わず嫌いは良くないので、是非試していただきたい作品です。新しい三国志の魅力が見つかるかもしれませんよ。あ、この作品の張飛はとても格好いいです。


nice!(0) 

泣けるゲームは見つかるだろうか。 [涙活]

IMG_4531.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日ニューファミコンを買いました。スーパー?ではないですよ、ニューです。クラシックミニでもないですよ。耳慣れない言葉かもしれませんが、1993年に発売されたRFスイッチ接続がAV端子仕様に変更になったファミコンです。2コントローラーのマイクが廃止され、デザインもグレーの未来観を感じるハードです。元々ゲーム好きなので、本来ならPS4などを買って…と思うのですが、もう駄目ですね。説明書を読む事が面倒くさい(笑)。ルールや操作を覚えるのが嫌なお年頃になってきました。

そこへいくと、レトロゲームは最高です。まず、操作が簡単(笑)。ボタンもスタート・セレクト除いたらAとBの二つのみ。大体のことは想像できます。まあ、いまソフトを買っても説明書はまずついてないですからね。自分で想像するしかない、ゲームの目的とかも。とはいえ、ネットの世界と言うのはまあ何でもござれで、大抵のゲームの説明や攻略ネタはWEBサイトに転がっています。こういうところ、便利だなと思う反面、類推する楽しさというのが失われてしまったなと寂しくも感じます。まあ観なきゃいいのですが。

IMG_4530.jpg

僕が購入したマシンには、オマケでゲームが2つついていました。「ファミスタ93」と「さんまの名探偵」です。どちらも言わずもがなの名作ですね。「後者は迷作!」という方もいそうですがね、知名度は抜群ですよ。ファミスタは4番が「はら」でしたからね、ちょっと感動ですね、さすがに「くろまて」はいなかったです。さてさて、ハードを手に入れたことで当時は購入する事ができなかったゲームの数々を大人買いしてしまいます。だって、とても安いお値段になっているのですもの!

ツインビーや魔神英雄伝ワタル、影の伝説にコンボイの謎これがあのお値段で!と言うものから、逆にプレミアがついているゲームもあったりして、その辺のジャッジがニクいねえと思ったり思わなかったり。ピコピコ8bitの音楽と動きの世界に入ると、なんとも言えぬ安心感と郷愁を感じるのは僕だけではないはずです。世界が三丁目の夕日に見えてきます。いや、そこまでは戻り過ぎか。まだ、泣けるゲームは掘り起こせてないのですが、ぜひゲームをしながら落涙してみたいです。

オススメの泣けるゲームを知っている方、是非教えてくださいませ。

nice!(1) 

毎日を豊かにするのは、挑戦と涙腺だ。 [涙活]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
最近メルカリにはまっています。断捨離をした洋服や靴などを出品していて、有り難い事に7点で数万円の販売結果です。自分にとって不要なものが他の人に愛されてお代まで頂けるとは、世の中の持ちつ持たれつの関係を強く思わずにはいられません。蓼食う虫も好き好きというとちょっと語弊があるのかもしれませんが、こういった多様性が生物が生き残る極限的な知恵ですね。僕等はDNAでそれがわかっている。もちろん僕も売り上げでお目当てのダウンジャケットを購入しました。売り上げがそのまま使えるメルカリ、最高です。

逆に、ネットオフには非常にガッカリしましたね。現在はブックオフから独立しているネットでのリサイクルブックセンターですが、このまえ100冊以上お送りして、30%UPのクーポンついて1,000円ちょっとですからね。テラフォーマーズ現行全巻、忍空文庫全巻、忍空-干支忍篇全巻も入ってですよ。もうがっかりして、代金こちら払いで返本要請しましたね。その後、地元の個人商店のブックセンターに持っていったら、ネットオフさんの4倍の値段がつきましたよ!付箋外した方が高いですよ、と教えてくれたし。顔が見える事も大事ですね、取引は。

さて、そうやって自分の荷物を棚卸ししているとなんだか、活動内容までも棚卸ししたくなってくるのが人情というものです。いや、人情とか一般論に置き換えるのは言い過ぎですが、やっぱり泣語をねコンテンツとして体系立てていきたいなと思いますね、今年は。前にも宣言しましたが、動画ですよ、動画。これを少しでも増やしていかないとならないですね。会って話をした人たちに言わせると、じゃあどこで泣語聴けるの?ってもの凄く突っ込まれますからね。やはりね、もったいぶっている場合じゃないですよ、モナミ。

まだまだこれからですが、Youtubeのチャンネルも登録者を増やしていけますよう、努力していきます。

■ぜひ、チャンネル登録お願い致します。泣語家 霊照チャンネル
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

介護士と涙の力強い繋がりを信じます。 [涙活]

スクリーンショット 2018-01-08 21.56.56.png
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。

昨年末、レバレジーズキャリア株式会社さんが運営する介護士さんのための情報サイト「きらッコノート」に、泣石家のブログ「ながれ旅てれび」とウェブサイトが紹介されました。ありがとうございます。登場する記事のタイトルは「ネガティブな気持ちをリセット!介護士さんのための涙活特集」。うーむ、人のためとやりがいはあれど、それだけではすまない過酷な現場でもあると思われる介護…。確かにストレスも生半可ではなさそう。涙活のターゲットとしてはこの上ないマッチングのようです。

たまに、介護士さんの仕事を目の当たりにするのですが、本当にすごいなと嘆息します。お年寄りに肩を貸して用を足す手伝いをしたり、キツイ事を言われても笑顔で返して笑いにしたり、気配り目配り心配りで空間全体を掌握したり。コミュニケーション能力と優しさという、技術と精神が伴わないと勤まらない仕事では無いでしょうか。それに加えて体力ももちろん必要。そんな中で、経営までされているトップの方にはどんだけバイタリティあるのですか!?と頭を垂れるばかりです。

僕もストレスが溜まるとYoutubeで「泣ける CM」とか「泣ける PV」とかコンテンツを探しては閲覧をしています。こういう時、選ぶのは5分以下のものが多いですね。それ以上になると、ちょっと気合い入れて観る感じになりますからね。スパッと観られる動画が好みです。CMは家族を題材に落とし込んだ作品が多くありますねぇ。最後に企業のロゴが出て来て「あ、そういうこと」と腹落ちする構造なのですが、不思議と嫌みが無いですね。企業の理念がいやらしくなく体現されているからですね、クリエーターの良き仕事です。

話は元に戻りますが、介護現場等で「泣語会」をやってみたいと思われる介護士さんや、介護施設勤務の皆様。ぜひ、ご連絡お待ちしております。施設のイベント事として行うとたまに聞きたくないという利用者さんがいる事もありそうですが、そこはうまーく、その方のニーズも折り込んで「会」を作れたらと思います、ええ。全ての人には必ず「泣きのツボ」が存在します。その方の琴線を見つけるまでコミュニケーションを取る事が大切です。その行動そのものが、涙を誘うことになるかもしれません。

■きらッコノートはこちら
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

泣けまして、おめでとうございます。 [涙活]

IMG_4575.jpg
あけましておめでとうございます。泣語家の泣石家 霊照です。
今年は戌年ですね。そう言えば最近息子が「ワンワン」と犬を認識するようになり感動しました。「お父さん」というワードより先なのは複雑な気持ちですがとにかく、少しずつでも成長が垣間みれ親としては嬉しい限りです。子の成長に負けないよう自らも変化をしていかなければと気持ち新たにまた一年頑張っていきます。

さて一年の計は元旦にありなどと申しますが、新年に新目標を設定してもナンセンスだという話も聞いた事があります。後者の説によると、目標とは常日頃から意識するものであって、新年というタイミングだから刷新するとしても無駄であり、継続力がないということです。僕も自分自身に置き換えると、この説に賛同する部分もあるなと、昨年一年を振り返って思います。僕は佐田さえさんが考案し、櫻井氏が開発したsadameアプリで目標管理をしていますが、こういった仕組みにすることも一つの作戦だと思います。もう4年も続けていますよ。

40歳も間近になり、自分のスタイルというのがようやく少し見えてきました。それは、食生活やファッション、働き方、日々の過ごし方、人との関わり方など、お金の使い方から気持ちの使い方に及びます。このスタイルが作れると、ストレスも溜まらず結果として自分が楽に動けて、パフォーマンスも上がります。早いうちからこのスタイルを築けると随分と新しい事にチャレンジできただろうなと思います。今年は余ったエネルギーを子育て含め様々なものに注いでいきたいです。もちろん泣語にも。

泣語の新年一発目は、1月10日19時半のセロトニン道場になります。平日水曜日ではございますが、ひとつ宜しくお願い致します。

ご予約はこちら
nice!(1) 
共通テーマ:旅行