So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月 | 2017年08月 |- ブログトップ

新しい涙の幕開け!10代の歌姫と涙活PV! [涙活]

IMG_2291.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、浅草のパンダカフェでのママ涙活が無事終了いたしました。ご参加くださった方々どうもありがとうございます。小さな子どもがいるママを対象とした今回の涙活。メインコンテンツはソニーミュージック所属の當山みれいさんのミニライブでした。當山さんはアメリカデビューが日本より早いグローバルシンガー。中学2年生の時に渡米しニューヨークに1年間留学、ゴスペルシンガーとして活躍後、アメリカで自身が作曲した「TATTOO」でシングルデビュー。その後日本でメジャーデビューを果たした異色の経歴の持ち主です。しかもまだ19歳!これからますます楽しみな若手アーティストです。

今回なぜこのミニライブが実現したかというと、當山さんのニューシングルと涙活がミュージックビデオでコラボレーションしたからなのです。赤井監督制作の「明日への約束」が當山さんの「Missing You」に起用されました。いやあ、このマッチング、感慨深いですね。映像単体で見ても泣けましたが、當山さんの歌声に重なることで、また違った魅力が現れたと感じました。まだ10代なのに、切ないよ、すごく切ない声出しはりますよ當山さん!彼女のヴォイスに主演のヒナちゃんの表情がまた一段と引き立っていました。

この日は、監督の他、撮影関係者がちょこっと登壇してトーク。僕も音声兼父親役兼制作ADと何役だ!(笑)というのはあるのですが、とにかく久々のメンバー再会にわちゃわちゃと楽しくさせて頂きました。ライブの後はサイン会を実施した當山さん。僕もCDにしっかりサインをいただき、大満足です。「Missing You」、小さいお子さんがいるママさんは特に是非チェックして欲しい楽曲です。

IMG_2322.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:旅行

画面を通して、涙をどれだけ共有できるのか。 [涙活]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、無事ニコ生の出演が終了いたしました。サトウキビさんをはじめお世話になった方々誠にありがとうございます。ニコニコ生放送は今までそれほど見たことは無かったのですが、多種多様な配信者さんたちの熱量に触れて「ああ、ここにもとんがったフィールドがあるぶぁい」と、御坊茶魔ばりに感心しきりでした。

生放送ということで、もちろんながら編集は効かず…。本番前は一応の台本が渡され、出演者全員で簡単な流れの確認とリハーサルです。しかし、寺井Pは全くコメントをしゃべらない(笑)流石です、本番まで温存とのこと。僕もそれに習い、一言二言合いの手と、ラストの泣語のシーンのマクラ部分をチェックしていただき、いざ本番へ。

IMG_2211.jpg
本番中は、モニターで視聴者さんの書き込むコメントがリアルタイムで見られるのですが、正直見る余裕はありませんでした(笑)スピード的にも、精神的にも。司会者の高田健志さんをはじめNERさん、一ノ瀬あきなさん、サトウキビさん等、他の出演者さんたちは要領よくコメントに突っ込んだり、コメントに被せた返しをしたりと場慣れ感がハンパなかったです。僕はなんかルールがわからない中で、スポーツをやっているような気分でした。

IMG_2212.JPG

肝心の泣語については、渾身の一撃(?)を披露できたかなと思いましたが、コメントはいろいろといただいたそうで、画面を通して人の心を動かすのは大いなる課題だと思った次第です。1対1よりも、1対多数となるのがWEBの世界。どれだけ大多数の人に刺さるコンテンツが提供できるのか。意識しながら取り組んで行こうと思いました。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

食事は1日で3回しかないお楽しみです。 [日常]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
たまたまyoutubeでぽちぽちと検索サーフィンしていたら、とんねるずの「一番偉い人へ」が現れたので何気なくポチッとしてしまいました。いい曲ですね〜。芸人さんだからか、ふざけたイメージを持ってしまうのですが、そんなこと全く感じさせない真摯な歌唱です、今見ても。気になったので、タイトルにもなっている「一番偉い人」ってなんだ?と思ってWikipediaしたら、なんと内閣総理大臣だったんですね。すごいメッセージ性を持った曲ですよ、とんねるずは凄いですね、ええ。

そこで感心ひとしきりしてから、サーフィンを続けて、次に乗った波が「野猿」です。当時はもの凄い人気で、解散する時には悲劇も起きてしまったほどです。とんねるずのお二人と、美術さんや衣装さんなど職人さんたちで構成されたダンスヴォーカルグループ。このスタイルってエグザイルより先ですよね、やっぱすごい、とんねるず。フィーチャリングCAの曲が一番ヒットしたみたいですが、Be coolとか格好よかったですね、マイベストです。昔にいい曲が多かったなあと思うのは自分が歳を重ねた証拠なのでしょうね、恐らく(笑)

さて、本日ご紹介するのは、明治神宮前(原宿)の自然食レストラン「モミノキハウス」です。駅から、竹下通りを抜けて歩くこと、7~8分。中通りに面した半地下の場所にある「モミノキハウス」は知る人ぞ知る隠れ家的なレストランです。何が凄いって言うのは、その徹底ぶり。有機、無農薬に徹底的にこだわったそのメニューは、野菜が中心でヘルシーそのもの。ベジタリアンの人はとりあえずこのレストランに行けば間違いは無いし、ノンベジタリアンの人向けに肉料理も用意していたりと(もちろん育成には気を使った素材ですが)主義主張に関わらず是非一度は食べに来ていただきたい味なのです。

IMG_1841.jpg

有機農法ビールやベルギーのオーガニックビールもご用意。もちろんワインも置いてあります。僕はこのチキンのクリームソースがハンパ無く美味しかったのでファンになりました。

IMG_1592.jpg

後、カレーも絶品ですね。たらふくお酒を飲んだ方は、〆に玄米のキムチ雑炊もオススメです。実は海外からのお客様も多いそうで、店主の山田さんの料理を求めて、数々の有名人がこのお店を訪れています。スティービーワンダーとの写真もありましたからね、どういうことだ(笑)。

IMG_1598.jpg

都心のショッピングで疲れたら、ちょっと喧噪を外れたもみの木ハウスで、自然を身体に取り入れてみてはいかがでしょうか?

●HPはこちら
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

泣くって語呂合わせの記念日が作りやすいですね。 [涙活]

IMG_1520.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日7月9日の「泣くの日」に、木根尚登さんが登場する涙活イベントが行われました。僕は今回は泣語の出番は無く、映像&ライティングオペレーターでした。

このイベントは寺井涙活プロデューサーと木根尚登さんの共著絵本<「おに」と名づけられた、ぼく>の出版記念として開催され、イケメソ宅急便のヨッシーさんによる泣ける話、木根さんによる朗読とミニライブが行われました。

木根さんと涙活とのコラボイベントは今回で2回目です。木根さんは3曲熱唱してくださったのですが、いずれも一曲当千、感涙必至の旋律でした。もちろんですが、素敵なメロディーを描かれる方だなと改めて思いました。


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

嫌われる勇気の入門。 [日常]

IMG_2255.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
アルフレッド・アドラーをご存知ですか?1900年前半に活躍したオーストリアの精神科医です。心理学の分野ではフロイトやユングが有名ですが、実はその二人にひけを撮らない程にアドラーの理論は秀逸で、今を生きる僕等の「どう生きたらいいか」の問いかけに答えてくれます。その理論はアドラー心理学と呼ばれ、たくさんの関連書物も出版されています。

僕は、先日尊敬する人からその存在を教えていただき、早速ポチッ!ポチッ!とAmazonで購入しました。これ、ホント便利ですよね。意識がそこに向かった瞬間に行為を帰結させてくれる。その時は、お酒も入っていたので、「後で買おう」と思っても絶対忘れると思うんですよね、これ機会損失ですよ。だから僕は気になったものは、すぐにその場で購入することにしています。御陰で、繰り越しの請求が一向に止まないのですが…。

で、2冊購入して先日読了したわけです。そして、その効果?と言ったら言い過ぎですが、その思想への共感は、僕の今の人生を支える勇気になっています。あれこれ気に揉むことが無くなり、人生がシンプルになりました。と、言うとまた大げさな表現と思われるかもしれませんが、本当にその通りなのですよ、モンナミ。僕が読んで思った大事な3つは以下です。

1:自分の課題と他人の課題を分けて考える。
※他人の課題に許可無く踏み込まない。自分の課題を引き受けるのは自分、他人の課題を引き受けるのは他人。

2:自分は他者を満足させる為に生きているのではなく、他人は自分を満足させる為に生きているのではない。
※他者に期待をしない。自分がどうしたいかが大事。

3:過去も未来もなく、全ては今。今にだけ全力に応える。
※過去も未来も変えられないので、今にだけ集中すればいい。

ともすれば超個人主義とも捉えられそうな感じも受けます。しかも、100年程前に生きた人です。でも、関連書籍が多数でているということはそれだけ、多くの人に指示されその生き方に変革をもたらした教えであると思います。「全ての悩みは人間関係から生まれる」という、理解と他者と自分を分けて考える思考法は、僕を前に前に押し進める帆船を運ぶ北風のような力になっています。

おすすめです。




nice!(0) 
共通テーマ:旅行

お口にメテオ、涙のハイタワー! [涙活]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、吉祥寺を訪れた時にふらりと立ち寄ったお店で涙が出る程の衝撃に遭遇…。

これです。
IMG_1834.jpg

吉祥寺どんぶりのからあげどんぶり。690円。後で調べてみたら大盛り系のお店で有名みたいですね。唐揚げがとにかくガッツリ4個連なっていてまさにビッグ・ザ・マウンテン20cm。お互いがお互いを支えている友情パワーを見せつけてくれます。

もちろんこぼさずに食べるのは至難の業なので、別途どんぶりが配給されます。そちらに移して食べろとのことです。タルタルもしっかりかかっていて大満足のこの逸品。ペース配分を間違えるとご飯が残るのはご愛嬌と言う所でしょうか。

久々に度肝を抜かれた涙体験、
吉祥寺をご訪問の際には、是非お試しください。味も美味しいです。

●吉祥寺どんぶり
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-3 三河屋ビル 1F
営業時間:10:30~26:00
定休日:無休
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

2017年07月 |2017年08月 |- ブログトップ