So-net無料ブログ作成

お彼岸に咲くは、涙の華か。 [涙活]

DSC_5921.JPG
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、お彼岸のお寺で泣語を二席させていただきました。ご参列の皆様、誠にありがとうございます。法話の前座としての御務めでございましたが、今回でこちらのお寺では五度目となり、徐々に顔を覚えていただけたかなという感じでございます。今回のご導師とは2度目のセッションとなりまして、「前回よりも良くなっているよ」とお褒めをいただきまして、ありがたいことだなあと思っていたら、ご住職から「声が小さい!」と喝を入れられて、調子に乗ってはいかんと、頭を垂れる結果でありました…。いやはや、声を張ると言うのは、難しいものです。気は張っているのですがねえ。

今回のお噺は、前回の介護施設でやった「阪神淡路大震災」話をさせていただきました。あれからもう22年経つのですね。時の過ぎるのは早いものですが、風化している気はせず、今も生々しく感じるのは私だけでしょうか。流石に関東大震災は、昔の歴史上の出来事という気がしていますけど。でも、東日本大震災や、熊本震災などは近すぎてリアルすぎて、ちょっとお噺にするには、正直気が引けてしまいます。身につまされる人たちが多いであろうと、想像に難くありません。

話は変わりますが、「風の電話ボックス」をご存知ですか?以前当ブログでも紹介したのですが、岩手県大槌町のとある庭に設置された電話ボックスは、電話線が繋がっていません。でも受話器を持ち上げて、ジッと耳を澄ませば、会いたいあの人の声が聞こえてくる、とても素敵な電話ボックスなのです。持ち主はガーデニングを仕事にしているご主人。ガンで友人を無くした際に、寂しさを紛らわす為に使わなくなった電話ボックスを譲り受けたそうです。そして、声なき声を聞かせるボックスの人を癒す力に気付き、庭を整備し誰でも利用できるように解放なさいました。ステキですねぇ。NHKの番組でも紹介されて、今では県内外からたくさんの人たちが集い、想いの丈を受話器に吐露し、時に故人の時に行方知れずのあの人との言葉の交わりを持って帰路についているそうです。

本来の機能を失っても、たくさんの人の役に立てる。とても素晴らしいです。
現役をリタイアされたシニアの方々が、第二の人生を輝かしく過ごしている、そんな人間模様と重なりました。
nice!(2) 
共通テーマ:旅行

介護施設での涙のあり方に悩み中。 [涙活]

IMG_9588.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、介護施設にて一席お付き合いいただきました。聞いてくださった皆様、誠にありがとうございます。こちらの施設では2回目になりますので、顔見知りのお客様も多く、こちらも気分が乗ってくるというものでございます。お客様によっては、話のスピードが早すぎたり、複雑な話し方をしたりすると、中々内容を理解するのが難しい状況の方もいらっしゃいます。そんな時に、どんな方法で伝えるのが一番いいのか、四苦八苦いたします。全てが理解できずとも、雰囲気で涙を誘うお噺ができれば究極です。まだまだその域はほど遠く、やり終えた後も、反省ひとしきりです。

今回は、泣語だけでなく落語も2本交えました。落語の方がおおいじゃぁないかい!?というツッコミはさておき、話の構成として、笑える、泣ける、笑えるでちょっと揺さぶってみたと言うわけです。感情は起伏が入る方が、動きますからギャップをどう作るかが頑張りどころなのだと思います。落語のネタは「つる」と「転失気」。知ったかぶりの和尚さんが出てくる後者のネタ、知ったかぶりをあるおじいさんがいじられていましたね。でも、本人は知ったかぶりをしていないと憤る(笑)。選択したネタで周りの人たちのコミュニケーションが活性したら、有り難いことだなあと胸を撫で下ろします。

肝心の泣語は、阪神淡路大震災のネタをやりました。この話は涙活動プロデューサーの寺井氏の元に実際に届いた手紙を元に作ったお噺です。生まれてすぐ震災で母親を亡くしたお子さんが、祖父母を父母と信じて育つ成長譚。少しネタバレをすると、成長した娘が、母親と思っていた祖母から「自分は本当は祖母なんだ」と告白されるシーンがあるのですが、そこでの返し「お母さんは、お母さんやん」という台詞がとても好きなんですね。人と人との関わりに、血縁や立場や年齢など全く関係ないのだと、まあ、実際血縁はあるのですが、とても芯を食った台詞だなと思っています。

願わくば自分も、そう思って貰える人間関係を築いていきたいなと思う次第です。明日の為に、今日泣こうと。毎日が新しい私だと、何が起こるかとてもワクワクしてきます。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

転生したらの漫画が面白い! [日常]

3835262004_5398b3782c.jpg
photo credit: e-jump GACC09 Day2 69 via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
後編が待ち遠しい漫画があります、タイトルは「DRAGONBALL外伝 転生したらヤムチャだった件」です。

少年ジャンプ+で無料で公開されているこのスピンオフ漫画は、ドラゴン画廊・リー先生とあの鳥山明先生がタッグを組んで描いているいわば公式の外伝。さわりをお話すると、普通の高校生活を送っていたドラゴンボール好きな青年がひょんなことから、ドラゴンボールの世界のしかもヤムチャに転生してしまい、摩訶不思議アドベンチャーワールドを生き抜くお話です。

ヤムチャと言えば、ドラゴンボールの登場キャラクターの中でも、初期から登場しラストまで脇を固める名バイプレイヤーです。その闘いっぷりは多くの少年たちに勇気を与えたことと思います(笑)。そして、ヤムチャと言えば必ず出てくるのがあの名シーン「俺にやらせてくれ。こらでお遊びはいいかげんにしろってとこを見せてやりたい」。いいですね〜ビッグマウス。サイヤ人が来襲してのサイバイマン戦ですね、懐かしい。

その2匹目のサイバイマンがね、あっとね、くるわけですがそこは「史実」を知っている高校生が転生した新生ヤムチャ。そう、「ならではの」対応が面白いんですよ本当に。ぜひ、本編を読んでから外伝を読んで欲しいですね。というか、本編知らなかったらそこまで面白くないです(笑)。ということで、後編も凄く気になるこの漫画。もしかして、ナッパ、ベジータも!?続きが気になって仕方が無いです。

https://shonenjumpplus.com/episode/10833497643049550354
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

このコラボ、甘い×しょっぱい=涙。 [涙活]

IMG_9562.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
このフットワークなんですよね、やっぱりいいなあ。このブランドマネージャーに是非お会いしたいですね。キティちゃんとキューピーと、ブラックサンダーですよ、モンナミ。

今度は柿の種サンダーですよ。あましょっぱい最高ですね。
一緒に仕事させていただきたいです。宜しくお願い致します。


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

夜泣きは、ネタになるか。 [涙活]

IMG_9422.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、息子の1/2バースデーをお祝いしました。そういった習慣があるのですね、知りませんでした。ケーキ屋さんの戦略ではなかろうかと、でもまあ、お祝い事が増えるのはいいことですね。

子どもの成長と言うのは早い者で、気がつけば、お座りして、寝返りができるようになり、そして「夜泣き」が始まりました…。トントントンと体を小刻みに叩きながら、一緒に床に入り、「側にいるよ安心してお休み」アピールをするのですが、中々寝ない。1時間半ばっちり目を開けてウダウダやったあげくに泣くと。もう、こっちはやりたいこともできず、寝ることもできず只只、寝不足の極みです。。。

これもまあ、親になるための試練と思い、クリアしていかないといけないことですね、おそらく。寝る前の儀式としては、絵本1冊と365日の童話を1話読んで聞かせています。活字好きで、自分でも物語を作れるぐらいの子になって欲しいなと思います。あ、夜泣きで泣語作ってみようかしらん。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

カンヌを目指す、俳優とスタッフの物語。 [日常]

32669528555_82dbe14a88.jpg
photo credit: thierry llansades Corniche de l' Esterel, Agay plage via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
俳優の山田孝之さんが映画のプロデューサーとして、カンヌ国際映画祭パルムドール獲得を目指すテレビドラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」を毎週楽しみにしています。

毎週、金曜日の夜中0:52~1:23。フェイクドキュメンタリーというジャンルのドラマなので、さも自然な風景のようにストーリーが撮られています。ドキュメンタリー風(ふう)なんです。実際にカンヌに取材に出かけて、事務局にヒアリングしたり、「殯の森」で2007年にカンヌで審査員特別大賞「グランプリ」を受賞した河瀬直美監督にカンヌに出品する映画作りを聞きに行ったり、とにかく真剣にやっている姿が眩しいです。

そして、そんなストーリー展開の中で主役の山田孝之さんの、ワンマンっぷりに振り回される監督をはじめとするスタッフの戸惑いがおかし味を誘います。山田さんの苦悩、焦り、怒り、こだわり。それに答えようとするスタッフ、理解しようとするスタッフ、右往左往するスタッフ、そして降板するゲストたち(笑)。

首つりのお父さん役に抜擢されて、首くくりの練習をしてきた村上淳さんも2回でドラマから姿を消しました。ナレーションで初回から出ていた長澤まさみさん。遂に前々回登場したのですが、、、前回、ヌードがあるということでそのシーンの必然性に疑問を感じ、降板。ラストシーンでは、出演を渋っていた長澤さんに、山田さんがLINE聞いて「LINEやってません」と言われてましたよ、凄く自然でいいシーンでしたね。

とうとう、次回は主演として山田組を支えていた芦田愛菜さんが「ある決断」をする回のようです。芦田さん、12歳でとても大きくなったなあという印象です。可愛らしいですね。

フェイクドキュメンタリーの手法のドラマ。どんな結末が待っているのか。というか、クランクインまであと数日!って本当にそう思えてくるから、やっぱり熱のある内容なんだなと思います。

●公式HPはこちら
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

涙の〜リクエーエー、グランプリックス! [涙活]

31256159691_76608526ab.jpg
photo credit: DiariVeu - laveupv.com gettyimages - copa via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
今、赤井監督は涙活PVのエントリーで「ゆうばり国際ファンタッスティック映画祭」に参戦しているのですが、一足早く先日、2月26日に行われた第7回伊勢崎映画祭において「明日への約束」がなんとグランプリを獲得いたしました!

素晴らしい〜おめでとうございます!

決して賞を取ることが今回の制作の目的ではなかったと思いますが、ひとつグランプリという結果が残せたのはとても誇らしいことだと思います。制作の末席を汚させていただいたこと光栄です。赤井監督、飲みに行きましょう、クラフトビールがいいね。

映像作品はほとんどの作品がそうだと思いますが、一人で作ることはできません。関わって来た人の一つ一つの努力が結実し花開いた。もちろん監督が最大の貢献者ですが、主演の早田母子をはじめ全ての方々が、お疲れさまでしたですよ。こういうのを目の当たりにすると、自分も新しいチャレンジしたいな〜と意欲が湧いてきますよね。とりあえず、新作を作らないとッ。

赤井監督、これからの新しいチャレンジも楽しみにしています。

●伊勢崎映画祭サイト
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

映画の世界に広告が出逢って叶うこと。 [映像]

4738116262_343abf1946.jpg
photo credit: OlestC Side 2 via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
花とアリス、リリイ・シュシュのすべてで知られる岩井俊二監督が、企業ショートムービーを制作しました。タイトルは「チャンオクの手紙」。想像の通り韓国のある一家の物語です。主人公はハリウッドでも活躍しているペ・ドゥナ。義母に振り回されながらも、凛とした素敵な子持ち奥様を演じされています。岩井監督は韓国映画がずっと撮りたかったそうです。短編と侮るなかれの全4回の傑作です。

この動画はネスレシアターで2月16日からOAされています。同シアターでは、広告では伝えきれない商品の世界観をより深くコミュニケーションする場所としてネスレが運営しているコンテンツです。チャンオクの手紙でも、ネスカフェのバリスタが主人公一家の真ん中に存在していて、様々な想いの交錯する日常の「ホッ」とする瞬間をバリスタが提供すると言う商品コンセプトを嫌らしくなく自然に表現されています。

広告の世界に映画の世界が融合していく…。CMの人だからとか映画監督だからとか、そういう垣根が無くなっている時代なのだなと再認識しました。僕ら受け手側としては、無料で良質のコンテンツが視聴できるのだから、文句ありませんね(笑)。

●チャンオクの手紙はこちら
nice!(0) 
共通テーマ:旅行