So-net無料ブログ作成

「俺を力の限り使い捨てろ!」という愛。 [涙活]

19433879072_2c825ded1e.jpg
photo credit: Pieter v Marion Stage 2: Yellow jersey in persuit TdF2015 via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
近藤史恵氏著のロードレース小説の金字塔「サクリファイス」を読みました。元上司に強烈に勧められた本作。2008年には大藪春彦賞受賞を受賞しています。元上司はご自身もロードレースをやっており、チームも組んでいるロードレーサー。そのときお会いした時も、クロスバイクで颯爽と現れました。もう50歳も近いのにいつまでも、若々しく格好いいなあと思ったものです。そして、そんなにアツく勧めてくださるのであれば読まねばならないホトトギスということで読んだのですが、いや〜激アツで、ホロリと泣けました。。。

僕はロードレースというスポーツをほぼ知らないのですが、そんな初心者でも楽しめて、且つロードレースのいろはが学べる小説です。さらにただの青春小説ではないのがミソで、ミステリー要素も存分に付加されています。エースを勝たせる為に走る「アシスト」という存在。数々のアシストの屍と想いを全て背負い込んで勝利を目指すエース。自転車競技が団体戦であることと、凄まじいまでの自己犠牲とチームプレー精神をまざまざと見せつけられた作品でした。そして、著者の近藤氏は自転車乗りではないという事実(笑)。それで、これだけの作品が書けるとは、作家と言う職業の執念というのを垣間みた気がしました。

そうそう、フランスではロードレーサーは1,2を争う人気スポーツ選手なんですね。ツール・ド・フランスは流石に僕も聞いたことありましたが。この本を読むとロードレーサーを買いたくなる人続出だそうです。僕もまんまとその一人になってしまいました(笑)。エデンという続刊もあるそうで、これはもう最高の娯楽ですよ。Tさん、ありがとうございます。


nice!(0) 
共通テーマ:旅行