So-net無料ブログ作成
検索選択

淡々とした衝撃に、ちょっと目眩がしたと思う。 [日常]

31740664924_b6c3b96224.jpg
photo credit: giopuo 2017_01_29_StoneFaceOnVersaillesDoor via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
「ドライブ」のライアン・ゴズリング主演、オンリー・ゴッドを観ました。2013年の映画なのですがGyaoプレミアムで見つけて「おお、観てみよう」かなと。

AmazonプライムとかGyaoとかHuluとか、今ではネット視聴できる映像コンテンツのプラットフォームはたくさんありますよね。僕はAmazonプライムを昔経験したのですが、それほど視聴しなかったので、まあネットで常に観れる環境だと頻度はこんなものかなと思っていたんですよ。やっぱり、TSUTAYAとか行って現場でDVDのパッケージ見て選んでとか、そういうのが性に合っていると思ったんですね。

なのでGyaoも全く申し込むつもりはなかったんですけど、オークション出品のために3ヶ月無料キャンペーン中のYahooプレミアムを申し込んだら、Gyaoも6ヶ月とかタダですというキャンペーンをやってたんですよね。で、無料ならやろうかと思って始めたのですが、実はGyaoは3ヶ月しかタダでなく、Yahooと逆だったというオチ。それで、気付いたら既に6ヶ月目に突入していて、月864円とか取られてて「むかついた」ので元取ろうと必死になりはじめました(笑)。期間間違えているのは完全に自分が悪いんですけどね、この無料戦略にやられた!感がハンパ無くて、やり場の無い怒りってやつですよ、というか自分への怒りですね(笑)。

ということで気になったら手当たり次第みてやろうと思ってみたのが、冒頭の「オンリー・ゴッド」なのです。結論から言うと失敗…。R15指定でなんでこんなに残酷なの?という残虐シーンの数々ですよ。演技も淡々としていて、全体的に波がすくないけど、バイオレンスだけは凄いという。いったりきたりの復讐劇なのですが、タイの元警官の神みたいなのがでてくるんですけど、超強すぎてもうね全体のパワーバランスを崩していること甚だしい。しかもわけわかんないカラオケシーンの挿入もあって、なんかグロいなーという感想のみの映画できた。奇才と言われたニコラス・ウィンディング・レフン監督とゴズリングのタッグの2作目でしたが、いろいろ意図はあるのだと思いますが、僕にはちょっと難しすぎました。。。


nice!(1) 
共通テーマ:旅行