So-net無料ブログ作成
検索選択

身の置き方に役立つアイテムです。 [日常]

IMG_9020.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
息子がぐずる時は、彼の視点を変えるようにしています。ごろんと寝かしてぐずった場合は、別の部屋で寝かしたり、抱きかかえて外を見せたり、肩車をして高い位置のポスターを眺めさせたりです。そうすると、興味が湧くようでぐずりが一時的に止まります。でもまたすぐにぶり返すのですが、そんな時に役立つのがバンボです。

南アフリカで生まれたこのベビーソファは、ハイハイで動き回る赤ちゃんを一時的に座らせておきたいという想いから開発されたものです。腰が据わっていない赤ちゃんも、弾力性があるポリウレタンフォームが優しく支えてくれます。水を弾くので、汚れてもすぐに拭き取れるし、一人では抜け出しづらいので重宝します。あ、水を弾くと言っても、お風呂での使用は禁止されているようです。

ウチではこのバンボのまま、色々な所に息子が移動します(笑)。まるで、藤子不二雄の漫画「パーマン」に出てくる隊長「バードマン」の飛行円盤のようにぽんぽんと、実に様々な所に動きます。食事の時は、大人用の椅子の上に、天気がよければベランダの人工芝の上に、洗濯機をいじる時は洗面台の近くにと、バンボのまま移動させ、親の姿を常に目の端に捕らえられるに場所に置いておくのです。そうすると安心して、大人しく指をちゅぱちゅぱやり始めます。

やるなあバンボ、圧倒的ホールド力。専用ベルトとカバー付きで7,560円です。ちょっとお値段は張りますがその分頼りになるアイテムです。4ヶ月から1歳2ヶ月ぐらいのお子様まで使えます。

ぐずる赤ちゃんに御悩みの方、ぜひお試しを。

nice!(0)