So-net無料ブログ作成
検索選択

ぼくのわたしの思い出にジョーカーはあるか。 [日常]

5810485956_723ca96d33.jpg
photo credit: GabrielaP93 242/365 - 6/7/2011 via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
直木賞作家、向田邦子さんの「思い出トランプ」を読みました。テレビのシナリオライター、エッセイスト、小説家の顔を持つ向田さん。先日飲みに行った先での店のおかあさんと友人に「向田さん知らないの!?それはいかん」と言われ、あわてて帰りにAmazonで購入いたしました。便利な世の中ですよホント。

1929年生まれで、1981年に飛行機事故で亡くなっていたと知り、ああもっと長く生きて作品を生み出していただきたかったなぁと、遅ればせながら思った次第です。数ある作品の中で「思い出トランプ」を選んだのは直木賞作品である「花の名前」「かわうそ」「犬小屋」が収録されているからです。

まだこちらの本しか読んでおらず、女史のことを多く語ることはできないのですが、あえて感想を述べるとすると、登場人物の男女間の悲喜こもごもが、生々しい息づかいで描かれていながら、どこか乾いた過去の日記を読んでいるようなそんな感覚に陥るなあと、思うのであります。人間の生の姿を嫌らしくなく、汚らしくなく、でも如実に描いている。僕はその誰もがすぐ側にいて、そこここにいる普通の人のように思えるのです。

きっと、人間のことが好きでたまらない方だったんだろうなと思います。
読後感がたまらないなあ。

nice!(1) 

沈黙することのできない、観賞後。 [日常]

32503964515_0bca3be50b.jpg
photo credit: comedy_nose Project 365 #24: 240117 All Quiet At The Back via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
映画「沈黙-サイレンス-」を観てきました。遠藤周作の同名の著作を読んでから、費やした歳月何と28年…。マーティン・スコセッシ監督は遂にこの傑作を撮り終えました。信仰を題材にしたセンシティブな内容で、実に目を背けたくなるような弾圧のシーンや暴力の描写も満載です。しかも、それは映画の中の演出というわけではなく、実際その時代にあったこと、僕らと同じ人々が体験したリアルです。そう考えると、しっかりと向き合い監督が伝えようとしていることを受け止めようと思えてきます。そして、この時代に布教という目的ひとつで異国の人が日本にやってくることの凄さ。今でこそ、グローバルという言葉自体が陳腐になり、ボーダレスという言葉さえ価値が無くなっていますが、時代を考えるとそれはとてつもない鉄の覚悟であったはずです。

物語は、キリスト教の弾圧が始まった江戸時代、宣教師のロドリゴが師を追って日本にやってくるところから始まります。主演のアンドリュー・ガーフィールドは傲慢な部分を感じさせる若き宣教師から、幕府の圧力から真の信仰心に目覚めていきます。スターウォーズエピソードⅦでカイロ・レンを熱演したアダム・ドライバーが宣教師仲間として脇を固めます。そして、我らがリーアム・ニーソン。棄教し妻と子を持ち、日本人として生きる宣教師の師匠は悲哀たっぷりです。そして、完全復活を遂げた窪塚洋介さん演じるキチジローを忘れてはいけません。というか、彼はこの映画の裏の主人公ではないのでしょうか。弱き者の代表、信仰心がありながらも何度も転ぶキチジロー。それはまるで、人間の本質を代弁しているかのように思えてくるのです。誰しも弱い存在だからこそ、拠り所が必要なのだと。

沈黙はタイトルとは裏腹に、雄弁に「信仰を持つ意味」を観る者に問いかけてきます。

●公式サイトはこちら
nice!(0) 

ゆうばり国際F映画祭! [日常]

14882875381_d7b2b76b9d.jpg
photo credit: snakecats 「濃霧」 夕張 - 北海道 via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017にて、涙活公式PV「明日への約束」のノミネート上映が決まりました。赤井監督おめでとうございます!

国内でも有数の規模である本映画祭のインターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門はグランプリ1作品、審査員特別賞1作品、優秀芸術賞3作品で、副賞はそれぞれ制作支援金50万円です。ぜひ、入賞して次回作へ弾みをつけていただきたいです!

●詳細はこちら
nice!(1) 

コンスタントに、コンサルタント、たーんと聞こう。 [日常]

31826218216_1149ef0d03.jpg
photo credit: Sergey Galyonkin Shure MV5 portable microphone via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
経営コンサルタント石原明さんのPodcast「石原明の経営のヒント+(プラス)」を聞いています。ビジネス界でも彼の人生のテーマである「ぶっ飛び」を実践している尊敬する先輩兄から教えていただいた番組です。

石原明さんは日本経営教育研究所代表で企業規模やジャンルを問わず幅広いコンサルティング活動を行っている方。このPodcast番組はそんな石原先生が現役の仕事人たちの質問に、切れ味鋭く答えてくれる番組です、しかも拝聴無料。有料のプレミアム版もあります。週一回の放送で既に360回を超えていまして、開始は2010年頃からとのこと。Podcastが走りの時代にこれだけ価値あるネットコンテンツをコンスタントに提供し続けているというのは驚愕です。うーむ、1本15分ぐらいなので、300本聞くのに何時間かかるんですか!?って、でも嬉しい悲鳴ですこれは。

番組の進行は、前述したようにリスナーから来た質問に回答するスタイルなので毎回いろいろなジャンルが飛び出します。直近だと「フリーランスのクリエイターが生き残って行くには?」や「多くの仕事がAIに置き換わっていく世の中で、今後、生き残れる税理士とは?」など具体的な話なので、自分に置き換えてみて参考になる回が必ず見つかると思います。しかも、冒頭に質問者のステータスをきちんと紹介してくれます。例えば「どんな背景で、どんな職歴、今、何をしていて、何に悩んでいて、どんな考え方を実践している」人なので、「こうした方がいい、こう考えるといいかも」と回答がビシッとはまるわけです。

僕は起業家ではありませんが、仕事をする上でのヒントがたくさん詰まっていると思います。耳に栄養、心に刺激を欲する人、必聴です。

●詳細はこちら
nice!(0) 

つるりと来たぜ、のどごしに。 [涙活]

IMG_9032.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
ばんどう太郎をご存知ですか?え?落語家?違います、茨城県民のMy proud レストランです。

みそ煮込みうどんが名物で、ブランチやらなにやらテレビでめっちゃ紹介されてて、「これはもう、奥さんを質に入れても行くしかないで!」と意気込んでいたのですが、中々質屋が見つから…じゃないや、機会がなくようやく重い腰を上げて行って参りました。

結果…。

くぅぅ幸せです。みそ煮込みうどんといえば、名古屋の山本屋本店が有名で僕も何度か食したことがあるのですが、あの赤みそたまらないですよね。もう想像しただけで、よだれずびぃぃです。そちらに負けず劣らず、ソウルフードクオリティ!素晴らしいですよ、モンナミ。

ファミリーレストランながら、店の佇まいも何となく、観光地から外れたロードサイドにある老舗的な感じではんなり、、、みたいな。工事だけで作ったあまさけが売ってたり、いやそれ仲本!「志村!誤字誤字!麹!」なんですけど、とにかく旅情をかき立てる作りなんですね。

それでいて、煮込みうどんの種類も多くて、季節のお野菜、牡蠣ぷりたつ!茨城県産の豚肉を取り入れていたり、わかってらっしゃる、メンタリストですよ。シズルがばんばんで、どれを頼んでも満足すること間違い無しな感じなんですよ。

で、僕がオーダーしたのは茨城県産やまと豚味噌煮込みうどん、だったと思います。注釈が、たまにやまとじゃありません(笑)とか書いてあったような。しかし、提供されてみれば大変満足な逸品。豚肉が甘いのなんて久しぶりに感じましたよ。そして、味噌のコクが五臓六腑にじんわりきまして、ネギの香りが鼻孔を舐め回す。そしてうどんのシコシコ感。舌の上で、ぐるっと踊ってつるりとのどごし。たまらないの一言のひとときとなりました。あ、お値段も嬉しい1480円也。

IMG_9033.jpg
▲泣ける!

茨城県にお出での際はぜひ、お立寄りくださいませ。

●詳細はこちら
nice!(0) 

寿司屋に後押しされて、勉強しよう会。 [日常]

IMG_9014.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
最近、くら寿司に行くのですが、アツいですね〜。あの究極の牛丼が食べたくて一回行ったのですが、なんだろう牛丼や寿司を差し置いて、そのシステムの合理性とエンタメ性に感激しました。まず、エクスプレスレーンの存在ですね。注文は完全に自動化しているじゃないですか、板前さんとの会話無しなねいさぎいいですよ。厨房に誰がいるかわからないですからね、ロボットしかいないかもしれない、あと宇宙人とかね。さておき、そんなタブレット注文からの、エクスプレス便で届くあのシステム。鉄道ファンも唸るしかないですね、アレは。銀河鉄道ですよ。ポーッと汽笛が欲しいくらい。また、鮮度を保つ蓋がいいですね〜。あれね、凄くいい。だって、かぴかぴなの食べたくないですし、他の席で誰か唾付けて戻したやつかも知れないし(まあ、無いか)とにかく、お客様の心理を上手く因数分解した結果ですね。ホント天才。

そして、極めつけはあれですよ、5枚の皿でできるゲーム。ついついね、5枚の倍数で終わっちゃいますよ。お腹いっぱいでもあと2枚でできる…と気付いたら最後、わらび餅とミルフィーユでノックアウトですね。で当たるんだこれが、しかも小ネタが効いているんだこの当りが。前回はワンピースのマスキングテープが当り、今回はワンピースの消しゴム(笑)。

IMG_9013.jpg

ま、まあ、、、子どもが喜ぶものですよ、アラフォーにはそこまで光はあたっていないのですが、それでもくすぐるのは「おみくじ」ついていること(笑)。占いとかおみくじは老若男女鉄板のコンテンツですからね。思わず剥いてしまうわけですよ。ロビンの周りをね、ぐるっと剥くのですよ、優しく。そして現れたのが、中吉。

IMG_9015.jpg

「お、おぅ」としか言いようがない、ビミョーさ。でも掘るホース的な哲学で言えば、ナンバー1よりナンバー2だから良しとしようと納得できるんですよね、まるでコチラの心理状態が分かっているかのようです。それでいてコメントが「友達との勉強会で全体運がアップ」ですからね、ええ。

ということなので、くら寿司にも背中を押されている感じですので、泣落語勉強会に興味がある方いらっしゃったら、メッセージからご連絡いただけると幸いです。5名様までゆるーく、気長に募集しております。
nice!(1) 

そして、父になる。って自動的には難しいですよ。 [日常]

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
地域の子育て支援センターが主催している「パパと遊ぼう」イベントに行ってきました。パパ友を作り「寝かしつけの方法を聞いてまわれ!」という具体的且つハードルの高いミッションをBOSSというかWIFEから与えられての参戦です。息子と二人、エルゴベビーを腰に引っさげながらえっちらおっちらと会場に向かいました。会場はイトーヨーカドーにありました。

ミッション可否は別にして、いい試みですね。市が主催ということで無料ですし、母親Ver.もあるようです。母親は検診とか産後なんとかで特に病院で何度も顔を合わせて知り合いになるケースが多く、ママ友を作りやすそうですが父親はなかなか難しいです。なのでこういう機会はとても有り難いです。行ってみると会場には、自分を含めて10数組の父子が参集しておりました。早速同じ月齢っぽそうな子の父親に話しかけてみると、何度も来ている常連さんとのこと。うーむ、結構子育て熱心なパパさんそこここにおるものですなあと感心。4歳まで参加可能とのことで、大きな子どももチラホラとみかけました。

保育士さんのような先生が二人ついて、会は始まります。プレイボードというんでしたっけ?白いボードの上で、紙などで作成したキャラクターが登場して劇っぽいことを行うものです。なんでもかんでも「いやいや君」という、2歳児の性格を具現化したようなキャラクターが主人公の話が展開されていました。なんでもかんでもいやいやくーん♫。テーマが「パパと雪であそぼう」だったので、どうやるのだろうと思ったら雪のタネは新聞紙でした。

IMG_8954.jpg

新聞紙を細かくちぎって雪に見立てて、埋もれたり、丸めて雪合戦をしたり、袋につめて雪だるまを作ったり。息子はまだ月齢が若いので主に見ているだけですが、まあ、よく考えつくなあと感心いたしました。

IMG_8960 (1).jpg

結論から言うと、他の親御さんと話す時間はあまり無かったのですが、それでも息子と二人よい体験をしてきました。キズナも少しは深まったかなあ。
nice!(1) 

あの泥棒一味の剣豪の、ファーストコンタクトが遂に登場。 [日常]

25489798140_40346de303.jpg
photo credit: costantino.beretta IMG_8521 via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
2月4日より新宿バルト9ほか各劇場で「LUPIN THE ⅢRD血煙の石川五エ門」が4週連続で上映されています。来ましたね〜、2014年に公開された「次元大介の墓標」の第二弾作品です。前作では、若き日の次元大介とルパン三世が出逢い、仲間になるエピソードがハードボイルドの味付けたっぷりに演出されていました。そして、今度は石川五エ門が主人公。孤高のサムライが、どのようにルパン一味になるのか、非常に興味のあるエピソードです。

五エ門と言えば、斬鉄剣を携えて要所要所で活躍する寡黙な頼れる男です。鉄扉を斬り、飛行機を袈裟切り、車を切断し、弾丸を弾く…もうね、パーフェクトですよ本当に(笑)ルパンシリーズの中で五エ門がピンチに陥ったエピソードを余り見た覚えがありません。一度、斬鉄剣折られて挫けたが実はそれがすり替えられた剣だった、というような話があった気がしますが、とにかくピンチに颯爽と現れて解決するというイメージが強いのですよ。

上映時間は53分と短いですが、血煙というタイトルのごとく、濃い〜い時間になると確信していますよ、モンナミ。お約束の峰不二子のお色気シーンも乞うご期待(笑)ええ、LUPIN THE ⅢRDは永遠の娯楽であります!

●公式ホームページはこちら
nice!(0) 

身の置き方に役立つアイテムです。 [日常]

IMG_9020.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
息子がぐずる時は、彼の視点を変えるようにしています。ごろんと寝かしてぐずった場合は、別の部屋で寝かしたり、抱きかかえて外を見せたり、肩車をして高い位置のポスターを眺めさせたりです。そうすると、興味が湧くようでぐずりが一時的に止まります。でもまたすぐにぶり返すのですが、そんな時に役立つのがバンボです。

南アフリカで生まれたこのベビーソファは、ハイハイで動き回る赤ちゃんを一時的に座らせておきたいという想いから開発されたものです。腰が据わっていない赤ちゃんも、弾力性があるポリウレタンフォームが優しく支えてくれます。水を弾くので、汚れてもすぐに拭き取れるし、一人では抜け出しづらいので重宝します。あ、水を弾くと言っても、お風呂での使用は禁止されているようです。

ウチではこのバンボのまま、色々な所に息子が移動します(笑)。まるで、藤子不二雄の漫画「パーマン」に出てくる隊長「バードマン」の飛行円盤のようにぽんぽんと、実に様々な所に動きます。食事の時は、大人用の椅子の上に、天気がよければベランダの人工芝の上に、洗濯機をいじる時は洗面台の近くにと、バンボのまま移動させ、親の姿を常に目の端に捕らえられるに場所に置いておくのです。そうすると安心して、大人しく指をちゅぱちゅぱやり始めます。

やるなあバンボ、圧倒的ホールド力。専用ベルトとカバー付きで7,560円です。ちょっとお値段は張りますがその分頼りになるアイテムです。4ヶ月から1歳2ヶ月ぐらいのお子様まで使えます。

ぐずる赤ちゃんに御悩みの方、ぜひお試しを。

nice!(0) 

月へのレースが、大詰めを迎えています。 [日常]

IMG_8930.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
HAKUTOという団体をご存知ですか?Googleがスポンサーで、XPRIZE財団が運営する月面探査の国際賞金レース「Google Lunar XPRIZEレース」に日本から唯一参加しているチームです。母体はISPACE.incという会社で、その他様々な人が様々な形態でHAKUTOを支えています。

レースに勝利するためには3つのこと成す必要があります。

①月面に純民間開発ロボット探査機を着陸させること。
②着陸地点から500m以上移動すること。
③高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。

そして①は2017年12月31日までにクリアしなければなりません。どれもタフなお題ですが、全てクリアしなければいけないというのがミソですね。優勝チームには2000万ドルと言うことは約20億円!なのでその難しさたるや想像に難くありません。世界10ヶ国以上から16チームが参加し、現在残っているのはHAKUTOを含めて5チームなのです。

しかし、ロケットを月に飛ばすには大体70億円程かかります。これは賞金でも賄えない金額…なので企業や個人投資家など様々な方々のバックアップが必要なレースです。この資金調達が最大のミッションであります。そのため、各参加チームはただ単に月面を目指すというだけでなく、ビジネスとしてその技術力を熱意をどう転換するか。その事業アイディアを練りに練って、スポンサーを獲得していくことが必要不可欠になるのです。HAKUTOの場合は、月面探査を通して、月の資源を収穫することをビジネスモデルに上げています。月にはレアメタルやレアアースが眠っているそうです。これなら宇宙開拓に投資をしようという人々が多数でてきてもおかしくありませんね。

ちなみにHAKUTOはローバーだけのチームなので、ロケットを開発してるチームと組まないと月を目指せません。そのパートナーがTeamindusというインドのチームです。インドの方々数字強いですもんね、めちゃくちゃすごいエンジニアが超いそうですよ。HAKUTOはTeamindusに運賃を払って月まで行くわけです。となると、着陸するのは同じ時間ということなので、そこから先の移動スピードや画像・動画送信技術のレベルは少なくともTeamindusより勝っていないと優勝はできないということです。パートナーでありながら、ライバル。何か隠しブースターやターボエンジン等を積んでおく等情報戦もありそうな予感がしますよ、こ、これは(ないかな…)。

と、ロマンがビンビン伝わってくるこのチャレンジ。いまHAKUTOではクラウドファンディングで絶賛クルー募集中です。僕もクルーになってHAKUTOを応援しています。ポロシャツも格好いいし、ピンバッジもテンションが上がります。そして、進捗メルマガが超ワクワクすます。HAKUTOの皆さんが着ているジャンバーも格好いいので欲しいですが、これは非売品みたいです(涙)

あ、あと募集していたローバーの命名式が2月21日に行われます。しかもサカナクションのライブのWEB中継もあるそうで、楽しみですね。これからの宇宙開拓の歴史の一ページになるであろうこのレース。その勝利者になることを信じて、HAKUTOを応援します。

●クルーになるにはここから。
nice!(0)