So-net無料ブログ作成

魂が震えるほどの物語に出逢えるなんて幸運だ。 [涙活]

スポンサードリンク




30214147261_f602f7a954.jpg
photo credit: Jump-soul キングダム - 羌瘣  巫舞の舞 - via photopin (license)

こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
前回はアニメーションのお話しでしたので、今回はジャパニーズカルチャーの双剣であるマンガネタを一つ。いまハマっているのが「キングダム」です。「おそっ!」というツッコミは華麗にスルーして進めます。

キングダムという漫画の存在は数年前から知っていて、本屋でも記事でも目にしていて、作者が井上雄彦さんのアシスタントをされていたなどの話題にも興味喚起されたのですが、どうもちょっと絵のタッチに馴染めず敬遠していました。井上雄彦さんのアシスタントさんが同じタッチの絵を描くはずないのに、そこに引っ張られていたのかもしれません。

そんな僕がなぜこのキングダムを読むことになったかというと、家事の(ここ重要!)合間にポッドキャストで反復リスニングしているポッドキャスト番組「秋山ジョー賢治先生の稼ぐ社長のマインドセット」で、秋山先生が、再三に渡り「マインドやマネジメントの例」として取り上げていらっしゃったのがきっかけです。

キングダムは戦国春秋時代の中国のお話。主人公は二人の少年で、ひとりは政、もうひとりは信。でそれぞれ中華統一と中華の大将軍を目指す政治と戦争のお話しです。まだ23巻読破なので偉そうなことは言えませんが(すでに既刊50巻)、ここまでくるだけでも、ドラマが半端ない!とくに、自分に正直に真っ直ぐに「ただひたすら上を向き挑戦し続ける」信の姿に涙すら浮かべてしまいます。

そして勇気をもらえます。

サブキャラクターも魅力的です。百人隊長に昇格した信の最初の上司になる王毅の戦局眼は勉強になるし、信を助ける副官の羌瘣の人物背景も大いに感情移入できます。お気に入りのキャラクターは河了貂ですね。少しネタバレすると…信にこのままくっついていても、信が成長しすぎて差が開きすぎてツライだろうなと思っていたら、そういう設定で「戻ってくるか!」という興奮冷めやらないですね。若き戦略家は魅力的です。

最後に、秋山先生の受け売りになりますが、ビジネスマンが読んでもとても勉強になり、且つ活力が貰える作品だと思います。ぜひ、まだの方はお手に取ってみてください!




スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0