So-net無料ブログ作成

知らないことだらけ、気だらけ、灰(グレイ)だらけ。 [日常]

スポンサードリンク




IMG_3200.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、丸の内大学の夕学五十講にて佐藤優さんの講演をお聞きしました。元外交官で現在は作家の佐藤氏は、日本のインテリジェンスの解説で著名な方です。インテリジェンスとは、馴染みいい言葉で言えばスパイ活動です。外交官としてのキャリアで会得、体験したインテリジェンスの数々をその著書で紹介していらっしゃいます。そこら辺のことは『「諜報的(インテリジェンス)生活」の技術 野蛮人のテーブルマナー』を読むと良くわかります、面白いです。

今回の佐藤氏の講演テーマは「世界はどう変わるか」。聴衆を諭すような語り口に、僕はぐいぐいと惹き込まれました。佐藤氏によると…

インテリジェンス=生き残る為の知恵であり、守るべきルールがあるとのこと。

それは、サード・パーティー・ルール(第三者に関する規則)。例えば、日本がA国から●●国の核開発に関する秘密情報を入手したとする。日本は同盟国である米国にこの情報を伝えたいが勝手にこの情報を伝えることはできない。伝えたい場合は、事前にA国から明示的に了解を得てから米国に伝える。A国が拒否した場合は、日本はこの情報を米国に伝えることができない。そして、これを破ると、インテリジェンス・コミュニティーから排除されてしまうらしいです。

それから、ホテルオークラやホテルニューオータニにCIAの人がたくさんいるそうで、MARUZENやジュンク堂の洋書の本棚はインテリジェンスたちの「暗号」のやり取りによく使われるとか。本を入れ替えて暗号文を作るってヤツです。もうね、やりたくなりますねモノマネ(笑)。

テロリストについても一言ありましたね。テロリストは、自殺志願者に接触をして、ジハードを説くそうです。「このままだと犬死にだぞ?どうせなら大義の為に死のう」と。更にテロリストは刑務所で犯罪者たちのメンターになり、彼らを洗脳・改心させるそうです。だからヨーロッパでは警官が犯罪者を殺してしまうことが多いとか。終身刑が無いため、むやみやたらに捕まえると「終身刑」が無いからテロリスト育成所に送ることになってしまうとか。

核についてもありました。青森の日本原燃㈱では①ウラン濃縮②プルトニウムの抽出ができるので核融合ができて核爆弾が作れるそうです。韓国にはこの技術はまだないとのこと。また、ウランがザクザク出る国にアフリカのニジェールが挙げられるようです。まあ、知ったとしても掘りにいく勇気はありませんが(笑)。

このように、普段聞いているニュースの裏側の話をたくさん聞けて、お得な90分と相成りました。




スポンサードリンク



nice!(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1