So-net無料ブログ作成

嫌われる勇気の入門。 [日常]

スポンサードリンク




IMG_2255.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
アルフレッド・アドラーをご存知ですか?1900年前半に活躍したオーストリアの精神科医です。心理学の分野ではフロイトやユングが有名ですが、実はその二人にひけを撮らない程にアドラーの理論は秀逸で、今を生きる僕等の「どう生きたらいいか」の問いかけに答えてくれます。その理論はアドラー心理学と呼ばれ、たくさんの関連書物も出版されています。

僕は、先日尊敬する人からその存在を教えていただき、早速ポチッ!ポチッ!とAmazonで購入しました。これ、ホント便利ですよね。意識がそこに向かった瞬間に行為を帰結させてくれる。その時は、お酒も入っていたので、「後で買おう」と思っても絶対忘れると思うんですよね、これ機会損失ですよ。だから僕は気になったものは、すぐにその場で購入することにしています。御陰で、繰り越しの請求が一向に止まないのですが…。

で、2冊購入して先日読了したわけです。そして、その効果?と言ったら言い過ぎですが、その思想への共感は、僕の今の人生を支える勇気になっています。あれこれ気に揉むことが無くなり、人生がシンプルになりました。と、言うとまた大げさな表現と思われるかもしれませんが、本当にその通りなのですよ、モンナミ。僕が読んで思った大事な3つは以下です。

1:自分の課題と他人の課題を分けて考える。
※他人の課題に許可無く踏み込まない。自分の課題を引き受けるのは自分、他人の課題を引き受けるのは他人。

2:自分は他者を満足させる為に生きているのではなく、他人は自分を満足させる為に生きているのではない。
※他者に期待をしない。自分がどうしたいかが大事。

3:過去も未来もなく、全ては今。今にだけ全力に応える。
※過去も未来も変えられないので、今にだけ集中すればいい。

ともすれば超個人主義とも捉えられそうな感じも受けます。しかも、100年程前に生きた人です。でも、関連書籍が多数でているということはそれだけ、多くの人に指示されその生き方に変革をもたらした教えであると思います。「全ての悩みは人間関係から生まれる」という、理解と他者と自分を分けて考える思考法は、僕を前に前に押し進める帆船を運ぶ北風のような力になっています。

おすすめです。






スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0