So-net無料ブログ作成

柏の街に、新しいベルが鳴る。 [日常]

スポンサードリンク




IMG_0246.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
惜しまれつつも、今年1月末に閉店を迎えた柏の老舗フレンチ「クイーンベル」。僕もお気に入りのお店で、よく記念日にお世話になっていました。特に「子牛のワイン煮パイ包み」が絶品なんですよ。

そんな素敵なクイーンベルさん、満を持して第二章が5月1日よりスタートいたします。ワーワーパフパフ〜♫これは女房を質に入れてでもいかなアカンですね、いや怒られるわ!質入れなくても行きますわ!

新住所は「柏市柏3-6-16 2F」カレーのボンベイの2F。以前の店舗からちょっと柏神社の方面に足を伸ばした感じになりますね。雑踏からも遠ざかっていい雰囲気のロケーションじゃないでしょうか。店主は変わらず堀江健二シェフなので、以前のクイーンベルの味そのままに、リフレッシュした環境でまたあの料理が楽しめるなんて最高ですよ。

普段使いにも、とっておきの記念日にも素晴らしく「対応力」のあるお店だなあとホトホト感心してしまいます。ホールを仕切る奥様の軽妙なトークもラブリー。韓流にハマってたり、ワンオクロックの熱烈ファンだったりで、トークは料理と同じぐらいアツイですよ(笑)。

契約農家さんから仕入れている野菜も絶品ですね、前菜として登場するアレですね。あと、自家製のフォッカチオですね、塩加減が絶妙でやばし!ですよ。デザートもね飴細工のドームが凝ってたりしてですね、目でも楽しませてくれるんですよ。あ〜、もう話しだしたら食べたくなって来た、よだれズビィィ!

というわけで、柏の老舗フレンチの第二章、大いに期待しております。

●フェイスブックページはこちら


スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0