So-net無料ブログ作成
検索選択

肩の上の重みは、いつか軽くなるのかしらん。 [日常]

スポンサードリンク




31960724392_c00d34f253.jpg
photo credit: neromare.com Everything to Me via photopin (license)
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
夜泣き、大変ですよね。息子も夜泣きが始まりまして、まあそれ自体は成長の証なので嬉しいことなのですが、寝不足が本当に辛いです。眠い…。

息子は肩車が大好きなので、肩車をすると泣き止みます。夜中に部屋の中をウロウロ肩車するのですが、妖怪ビッグフットですね、息子も窓に映る自分の姿を見てボーッとなります。視界が変わるのが楽しいんですね。いつもと情報が違うので、その分興味喚起されるのだと思います。試しに、逆に息子のように寝っころがって、ワニのような視点で自分の家を徘徊すると、僕も新鮮です(笑)。

ただこのままだと体力的に辛いなと思って、肩車の椅子とかあるんじゃないの?と思ってグーグルしたらありました(笑)。流石、僕なんかが想像できるようなものは、具現化されているんだなと驚嘆。価格は結構するのですが、そもそも2歳からとか駄目だわー、大きすぎですよ。

いいなあと思ったんですけどねぇ。




スポンサードリンク



nice!(0) 

nice! 0