So-net無料ブログ作成

たどり着いたら、少し足を止めるのも悪くない。 [旅「アフリカ」]

スポンサードリンク





夜中の登山は寒い。9月だというのに、ウインドブレーカーが手放せなかった。シナイ山。モーセが神から十戒を授かった山。エジプトのダハブからワゴン車に揺られ3時間。ご来光を拝むため、20人ほどの団体は巡礼者のようにぞろぞろと頂上を目指した。真っ暗な山道にいくつもの小さな明かりが灯る。ゆっくり動くリズムは神秘的な竜となり坂道を上る。3時間後、ようやくてっぺんに着いた。麦わら帽子を脇に置き腰を下ろす。ゆっくりと辺りが白くなってくる。そろそろだ。耳の側でレディオヘッドのピラミッドソングが響いた。隣のアメリカ人ジャックは63歳の旅行ライターだった。羨ましいと言うと「家族もいない。今はただ、旅することが生き甲斐だ」と、寂しそうに彼は言った。留まることの無い生活はどこに終着するのだろう。毎日変わらず昇る太陽と、裸の山肌を見ながら、この全てを見透かすような光が、彼の道をずっと照らし続けてくれればいいと思った。




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました