So-net無料ブログ作成
検索選択

ファインダー越しの青は、僕たちだけのものだった。 [旅「中南米」]

スポンサードリンク





カンクンに着いたということは、旅の終わりを指していた。宿はカーサ。スペイン語でカサとはホテルを指す。安宿だったので、その手の若者がたくさん集まっていた。僕らは、でっかい扇風機が天井で回っている部屋で、オイチョカブを始めた。3人も乗るとベッドはみしみし音を立てたが、特に気にならなかった。「俺たちは日常、ギャンブルをしているぜ」と消防士は笑った。事実その消防士は強く、カズタカが1人でさんざん負けた。元気がないので、朝飯を奢ってやった。パンとハムエッグだけの簡単な朝飯だった。そうだ、コーヒーは海を見ながら飲もうぜ。俺たちの海だぜ。カメラを持って、海に出る。夏は青いのが正解だった。




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました