So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

知らないことだらけ、気だらけ、灰(グレイ)だらけ。 [日常]

IMG_3200.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
先日、丸の内大学の夕学五十講にて佐藤優さんの講演をお聞きしました。元外交官で現在は作家の佐藤氏は、日本のインテリジェンスの解説で著名な方です。インテリジェンスとは、馴染みいい言葉で言えばスパイ活動です。外交官としてのキャリアで会得、体験したインテリジェンスの数々をその著書で紹介していらっしゃいます。そこら辺のことは『「諜報的(インテリジェンス)生活」の技術 野蛮人のテーブルマナー』を読むと良くわかります、面白いです。

今回の佐藤氏の講演テーマは「世界はどう変わるか」。聴衆を諭すような語り口に、僕はぐいぐいと惹き込まれました。佐藤氏によると…

インテリジェンス=生き残る為の知恵であり、守るべきルールがあるとのこと。

それは、サード・パーティー・ルール(第三者に関する規則)。例えば、日本がA国から●●国の核開発に関する秘密情報を入手したとする。日本は同盟国である米国にこの情報を伝えたいが勝手にこの情報を伝えることはできない。伝えたい場合は、事前にA国から明示的に了解を得てから米国に伝える。A国が拒否した場合は、日本はこの情報を米国に伝えることができない。そして、これを破ると、インテリジェンス・コミュニティーから排除されてしまうらしいです。

それから、ホテルオークラやホテルニューオータニにCIAの人がたくさんいるそうで、MARUZENやジュンク堂の洋書の本棚はインテリジェンスたちの「暗号」のやり取りによく使われるとか。本を入れ替えて暗号文を作るってヤツです。もうね、やりたくなりますねモノマネ(笑)。

テロリストについても一言ありましたね。テロリストは、自殺志願者に接触をして、ジハードを説くそうです。「このままだと犬死にだぞ?どうせなら大義の為に死のう」と。更にテロリストは刑務所で犯罪者たちのメンターになり、彼らを洗脳・改心させるそうです。だからヨーロッパでは警官が犯罪者を殺してしまうことが多いとか。終身刑が無いため、むやみやたらに捕まえると「終身刑」が無いからテロリスト育成所に送ることになってしまうとか。

核についてもありました。青森の日本原燃㈱では①ウラン濃縮②プルトニウムの抽出ができるので核融合ができて核爆弾が作れるそうです。韓国にはこの技術はまだないとのこと。また、ウランがザクザク出る国にアフリカのニジェールが挙げられるようです。まあ、知ったとしても掘りにいく勇気はありませんが(笑)。

このように、普段聞いているニュースの裏側の話をたくさん聞けて、お得な90分と相成りました。


nice!(1) 
共通テーマ:旅行

ハイパーな習慣にインスパイアーされてみる。 [日常]

IMG_3181.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
高城剛さんの著書「LIFE PACKING 2.0」を読みました。ハイパーメディアクリエーターとして、元沢尻エリカさんの夫として世間の耳目を集めていたあの方です。東京オリンピックの招致映像の監督も勤めているので本当にハイパーなお仕事っぷりです。僕は氏の著作の「サバイバル時代の海外旅行術」や「私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明 」を読んで氏のファンになって、氏の持ち物や思考法を気にかけています。

この「LIFE PACKING 2.0」では氏の移動距離=活動時間に合わせた持ち物のセレクトが紹介されています。1dayから1yearまで。それぞれ異なったモノが登場してくるので飽きさせません。必須アイテムとして納得できるモノから、「えー、普通こんなの持ってかないよ!」というモノまでラインナップ豊富なのも魅力です。だって、「ドローン」や「電子ジャー」を持っていきますからね。前者は仕事で利用するそうですが、後者は玄米にハマっていて美味しい玄米を炊くには必要なアイテムなのだとか…。そりゃ税関で止められますわ(笑)

そんなお茶目な部分もある高城さんですが、やはりその選択眼はハイパーです。旅先でのパーティーにINするため、綺麗目なジャケットは必ず1枚入れておくとか、HDD代わりにマイクSDカードを使うとか、モノの用途解説も勉強になります。その思考法が好きですね。定住しないというのも僕の肌に合っている。断捨離に疲れ気味の方、是非無駄なモノも含めて、自分に何が必要かを考えるきっかけにしてみてください。持ち物に思考が行き渡っていると、とてもらくちんで、満たされていながら、スッキリします。


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

今できること、やるべきことと大切な順番。 [涙活]

IMG_3178.jpg
こんにちは、泣語家の泣石家 霊照です。
昨日、流山市デイサービスでの泣語を終えました。ご利用者の皆様、またスタッフの方々毎度ありがとうございます。定期的に開催させていただいているこの会の御陰で、泣語を続ける意義を再確認できております。何より地元流山でできる場所があると言うのが嬉しいです。微力ではありますが、生まれ育った街と繋がりを保ち、恩返しするという気持ちでおります。

利用者の方々は、耳の遠い方や言葉を上手く交わせない方、体の自由が利かない方、それぞれコンディションは異なります。しかし、高座が始まる前に、お手洗いや身繕いを済ませて会場を作ってくださるその心、誠に感謝です。途中トイレに行ってくださっても、全然構わなく、そんな堅苦しい話をするわけではありませんし。でもそれをしないように準備してくださる、本当にありがとうございます。

聞く方の姿勢に対して、果たして話す方は応えられているのか。それについては悩みますが、「悩むことよりもしっかり練習せい!」ということなので、やるしか無いのです…。しかも、この日は息子は熱で欠席のためプレッシャーを分かち合う相棒はいない。というか、息子の登場の方が良かったと思う参加者さんもいたのでは(笑)とにかく、二席精一杯話をして参りました。

電通の事件の判決もあったので、仕事と家族についての話と、私の母との思い出話です。仕事を持っている人の一日は忙しく日々にバーッと流されることが多いと思います。油断すると大切なものが見えなくなっていて、気付いたら壊されていて、修復できなかったりする。自らが変われば、変えられたこと、防げたことだと思うとやるせないと思います。そんな思いをしない為にもまず、自分の為に今の優先順位を付けられるようになりましょうと、思うのです。

もちろん優先順位付けは仕事だけに限らず、自分が今していること全般に言えます。本当に今必要なことかということは、常に意識していきたいですね。


nice!(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -